Open Hand Service

Open Hand Service

脱力、毒とサウダージ

Cappuccino
雑誌、TITLE「至福のコーヒーミュージック」を読んでいたら、カプチーノが飲みたくなったので、久しぶりに作ってみた。
久しぶりなので、フォームドミルクの泡立ちがいまいち、味もB級(普通のお店級)。くやしぃ。

さて、この特集を読んで、音楽好きならば「自分なら何を選ぶだろう」と考えると思うのだけれど、僕も(もちろん)考えてみた。せっかく考えてみたので、記しておきます(笑)。
 

オス・リチミスタス『オス・リチミスタス

MPさんに教えてもらった、ドメニコ、サン・ジュアン、Dany Roland という本職がドラマーな3人のユニット。脱力感、一筋縄ではいかない感、適度のポップさと毒。

 

デヴェンドラ・バンハート『The Black Babies

録音環境の悪さからの生SE(笑)が素晴らしい効果をあげている。浮遊感、上質なへなちょこ感(?)。昼下がり、ストリートな感じ。アルバムの『OH ME OH MY…』でも可。

 

高橋悠治『Cage: Piano Sonatas/Interludes

ジョン・ケージ作。プリペアド・ピアノ独特の音色、はずし感。セロニアス・モンク(のはずし感)が好きな人にちょっと聴かせたい。小音量で。どこか遠くで鳴っている感じで。

 

僕がコーヒーミュージックに求めるのは、脱力、毒とサウダージ(?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。