Open Hand Service

Open Hand Service

十一月の階梯

とあるサイトに「武満徹も11月が好きだったのかなあ?」という記述を見つけて、「武満徹・11月」→「November Steps」→「なんでこういうタイトルなんだっけ?」と連想し、久しぶりに、武満徹,著『音、沈黙と測りあえるほどに』を読み返す。

あ、「November Steps」というのは、武満徹さんが創立125周年を迎えたときのニューヨーク・フィルに頼まれて作曲した、琵琶と尺八、オーケストラのための曲です。東/西、単/複の対置、そして、間。名曲です。

で、端折って書くと、「November Steps」は、最初「water ring」にしよう(「琵琶と尺八の音が、オーケストラに水の輪のようにひろがり、音が増えてゆく」)と思ってたのだけれど、友人のジャスパー・ジョンズに「それじゃー“浴槽についた泡”っていう意味になっちゃうぜ」と言われ、「水の輪」案はボツ。

で、「ノヴェンバー・ステップス」になるんですねー(笑)。

えーと、これは僕が端折り過ぎているわけではなくて、武満氏がちゃんと明言してないだけなんですよ。だから、僕の記憶にも残っていなかったんだなー。多分。。

ただ、

特別の旋律的主題をもたない11のステップ。
能楽のようにたえず揺れ動く拍。

ということ。そして、邦題(?)が「十一月の階梯」、初演が11月だったということが、キーでしょうか。

話変。関係なさそうで、ちょっとだけ関係ある話題(笑)。November って「9番目の月」という意味だって知ってました?

僕は、October って10月なのになんで Octo(8)なんだろうと思ってたのでした。

関係ないですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。