Open Hand Service

Open Hand Service

ノイズ

仕事が忙しくなると、僕の場合、本が読めなくなってしまう(目と脳が受けつけない…)のだけれど、一日が仕事だけで終ってしまうのもアレなので、代わりに漫画を(寝る前に一冊づつ)読むことに。

で、上の写真は先月読み返していた、羽海野チカ,著『3月のライオン』の9巻、乱暴に説明すると「将棋の名人戦にて、土橋九段の思考の(潜在意識的に)邪魔になっていた虫を、本人が気付く前に名人(ライバル)が取り除いてくれた」というシーンなのだけれど、うーん、なるほどなー、と深く感じ入りまして。

というわけで、潜在意識が感じている「ノイズ」って(神経質かどうかなどのタイプの差はあると思うけれど)、やっぱり重要かも(!)と思い、視覚的に気になるものを(身の回りから)少しづつ整理・整頓し始めているのでした。

はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。