Open Hand Service

Open Hand Service

Album of the Year – 2007

Album of the Year – 2007 といっても、2007年リリース限定というわけではなくて、今年、僕が「最も心惹かれた音楽」を記しておく行為です。

 

オス・リチミスタス『オス・リチミスタス(2007)

ドメニコ(+2ユニットでおなじみ)、ステファン・サン・ジュアン(カエターノの来日公演のときに打楽器、+2のときにドラムを務めていたフランス生まれのブラジル在住)、ダニー・ローランド(アルゼンチンの人らしい?)からなる本職が打楽器系な3人のユニット。サンバ、ボサノヴァ、ロック、エレクトロニカなどなどの融合、つまり、ブラジル新世代な音楽。

まず、脱力。そして、サウダージ。適度のポップさと毒。この一筋縄ではいかない感じ、これが僕的にはど真ん中ストレート。レディメイドというか、まさに「これだ!」って感じの私的2007年的気分の具現。

※悪ふざけ(笑)&ゆるゆるセッションなボーナストラックも秀逸。

 

アドリアーナ・カルカニョット『CANTADA(2002)

このアルバムというか、アドリアーナ・カルカニョット自身というか、とにかく8月の来日公演が素晴らしくて、私的には、アドリアーナに出会った年と言えるかも。知的でクール、アーティスティックで不思議ちゃん(笑)、そんなアドリアーナに。

今年も、ブラジル新世代にやられっぱなし(笑)。

 

Storm and Stress『Under Thunder And Fluorescent Light(2000)

現バトルスのイアン・ウィリアムズ、Erich Ehm 、Kevin Shea によるフリー一歩手前な“ロック・トリオ”。今年は、カドくんとかMPさんからの影響で、ポスト・ロック系をちらちらと聴き始めたけれど、これは最左翼。私的には来年に繋がるアルバム(この辺りを色々と聴いてみたい)。

フリーであって、フリーでないような、ゆるゆるに聴こえそうで、緊張感たっぷりというか、そんなアンヴィバレントで、且つ偶有性を含む音楽(または、“音楽の生まれる場”)。ケヴィンのドラムがかなり好み。

バトルスもそうだけど、何をやろうがそれが“ロック”になる、“ロック”になっている(聴こえる)ということが、なんだかキー。

 
以上3点を、今年から導入した(笑)ノミネートより選出。

以上。

200620052004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。