Open Hand Service

Open Hand Service

オルケストラ・インペリアル

ORQUESTRA IMPERIAL
というわけで、ブラジル盤に入っていない4曲と、ボーナス映像(メンバー紹介+ライヴ2曲)のために、宮廷のオーケストラ(オルケストラ・インペリアル)の日本盤(写真右奥)を、ええ、買いましたよ。

こんなことなら、初めから日本盤が出るまで待てばよかった、、、とか思っても、あのときは、まさに買いに走ったわけで、まさか日本盤が元旦にでるなんて知らないわけで、、、

で、まあ、日本盤を聴いてみると、「あれ、曲順が違う!」となったわけです。で、すぐに、「最初にEPの曲をくっつけたのね」と思ったのだけれど、中盤の曲順も結構違っていてですね、ブラジル盤の曲順に慣れ親しんでいた僕としては、品のないシャッフル再生のように聞こえてしまう。

ちょっと調べてみると、日本盤はUK盤をもとにして作られているようで、UK盤を買った人ならば、この違和感はないのだろうなー(途中で一曲知らない曲が挟まり、最後に一曲足されてますが)。

しかし、なぜこんなにも曲順が違うのだろう。しかも、ブラジル盤でいう「Yarusha Djaruba」という曲が、日本盤では「iARA iARUCHA」になっているのだろう。さらに、メンバー紹介の映像には、なぜ日本語字幕が付いていない(!)のだろう。んーむ。。

というわけで、日本盤を買ったらブラジル盤を売ってしまおうと思っていた僕だけれど、アルバムとしては(曲順的にも長さ的にも)、ブラジル盤の方が断然好きなので、売れなくなってしまったのでした。

UK盤や日本盤でしか聴いたことのない人に、ブラジル盤を聴かせると、やはり同じ反応(曲順が悪いなー)になるのだろうか。なるのだろうなー(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。