Open Hand Service

Open Hand Service

うらやましい

ペドロ・サー:思い出すことがあって、8歳の時、はじめてモレーノの家へ泊まりに行ったんだ。クラスメートの家ってことでね。僕は真夜中に目覚めてしまって(子供の頃、眠るのにすごく沢山の問題を抱えていたんだ)、水を飲みに行った。台所に着くまでに、カエターノが1人でギターを弾いて歌っていた。
「おおペドロ。起きていたんだね。ちょっとこっちに来ないか」ってカエターノに呼ばれた。すごく美しいことだと感じたんだ。誰かが真夜中に起きて何かをしているってことがね。私はとてもカエターノと近しい感情を抱いて、彼が歌うのをそこにいて聞き、眠れないことについて、すこし話した。

ぐわ〜、なんてうらやましい体験なんだ!

映画『トーク・トゥ・ハー』でのプライべート・コンサート(?)のシーンもうらやましいけれど、ペドロ・サーの体験はそれ以上ですたい!

クワー(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。