Open Hand Service

Open Hand Service

オーディオ・チューニング

いわゆるオーディオ用のラックから、普通のオーディオ用のラックに変更すると、音が変わる。僕の予想では、しっかりしたラックを選んだのだし、そんなに悪くはならないだろうと思っていたのだけれど、予想に反して、それはそれは“変”な音になった。

“変”な音。妙に軽いところがあるのに、低音はでていて(でも最低域はでていなくて)、芯のない音。そんな音(?)に苦しむこと約1週間。。

昨夜、ようやく解決(!)。あやうくオーディオ鬱になるところだった(笑)。

一番の変化は、ラックだったから、最初から最後までラックを疑っていたのだけれど、実は、あるラインケーブルが悪さをしていたのでした。このケーブルは、買ったときから不良品っぽいところはあったけれど、僕が持っているケーブルの中で一番高いものだったから、今まで使い続けて来たわけで、、、

で、このケーブルを外したとたん、芯のある(低音のある)音になったのだなー。一組の不良なケーブルがアンプにささっていることで、こんなにも音に影響するなんて、知りませんでした。恐ろし。。

まあ、ケーブル類の混沌具合が倍増しちゃったから、色々なノイズを拾いやすくなっているのかもしれない。

何はともあれ、解決してよかった(まだまだチューニングは続きますけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。