Open Hand Service

Open Hand Service

芹沢銈介美術館

日曜、お久しぶりの遠出、静岡は、芹沢銈介美術館へ(写真はおいしい静岡茶をいただきながら眺めていた中庭)。

『絵本どんきほうて』の寧ろ新しさを感じてしまう線の使い方や色使い、「富士と雲文のれん」、「御滝図のれん」に見られるミニマムでいて力強い、そしてほっこりとした表現、などなど素晴らしい作品に心躍る。

美術館自体も素敵(設計:白井晟一)。

はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。