Open Hand Service

Open Hand Service

BOOKSELLERS


昨日は、UPLINK にて『カエターノ・ヴェローゾ“粋な男”ライブ』DVD発売記念イベントに行く。音がね、、、どうにかならんのか(!)と、また思う。

イベント後、中原仁さんに「レオンジーニョ(小さなライオン)とは何かのメタファーなんですか?」と、「ブラジルは音楽一家が多いように感じるのですが、これには格差社会が関係しているのですか?」という質問をする。そして、グルーポ・コルポ来日の話で盛り上がる。やっぱ行かなきゃ。

その後、先週通りがかって気になっていた、近くの SHIBUYA BOOKSELLERS に。新書、古本、アートな本から雑誌・漫画まで、つまり、本のセレクトショップ(?)。60年代とか70年代とかいう年代別の棚が素敵。棚自体がソットサス(?)とか(その年代の代表的な家具?)だったりして、これまた素敵。思わず、松田行正,著『眼の冒険』を買ってしまう。小熊英二対談集も欲しかったけど、我慢(!)。

その後、スタバにて雨宿り(雪宿り)しながら買った本を読みながら、人を待つ。

そんな休日。

Comments

  1. おろち より:

    カエターノは獅子座だからね。

  2. ナカダ より:

    というのと、ダヂのことを歌っている、
    というのを聞きましたです。
    こういう企画、スタジオでやれるといいなー
    と思いました。
    (絵も音も断然スタジオの方が良いですし)

  3. おろち より:

    >こういう企画、スタジオでやれるといいなー
    >と思いました。
    まったくそうなんです。
    今度、仁さんに会ったらそうお伝え下さい。

  4. ナカダ より:

    お会いする機会がありましたら、
    お伝えしておきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。