Open Hand Service

Open Hand Service

ポーラ美術館

そういえば、ポーラ美術館に先月行ったのでした、メモ(ブログに書いておくて後々便利なんです)。

建築もきれいそうだし、距離的にも箱根なんでちょうど良い感じに遠出(気分転換)だし、というような軽い気持ちで行ったのだけれど、レストランもおいしいし、企画展のアンリ・ルソーも思いのほか良くてですね、かなりの好印象。

アンリ・ルソーというと、教科書で見たことあるような熱帯チックな絵、という印象だったのだけれど、初めて見た(パリ近郊などの)風景画などに、なんというか、狙っていない「ヘタうま」とでもいえばいいのか、まあ、とにかく、そんなような「純朴」さ(?)を感じ、かなり見入ってしまったのでした。

はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。