Open Hand Service

Open Hand Service

0 / Ritornell

音楽の話。2013年上半期、よく聴いたメモ(メモっておかないとすぐに忘れてしまうんですよ本当に)。手前が、0『Soñando』、Ritornell『Aquarium Eyes』。

0は、Sylvain Chauveau(グロッケンシュピール、アコギ)、Joël Merah(アコギ)、Stéphane Garin(パーカッション、グロッケンシュピール)、という構成で、5月にライブに行ったこともあり、深く(も浅く)も長く聴き続けたのでした。

Ritornell は、全然知らなかったのだけれど、パステルさんのレヴューを読み、試聴し、買ってみた系、スルメイカ系。

両者に共通するのは、音が良いこと(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。