Open Hand Service

Open Hand Service

(愛と)創造の軌跡


そうそう、日曜に『巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡』を見るため、国立新術館へ。この美術館、(風評を総合して)考えていたより悪くないところだったけれど、やっぱりあのぐにょぐにょは「とってつけた」感ありありだし、「建築とロゴが全然あってないよなー」という声が聞こえたくらい(そして、「あんなすぐに古くなるようなロゴでいいわけ」という声も聞こえたくらい・笑)、つまり、そんな感じ。

でも、だがしかし、ピカソはやはり天才だった。意識的にか無意識的にか分からないけれど、完璧にコントロールされている線、形、構図、色彩、、、、つまり、全てにおいてパーフェクト。簡単に書いてあるように見えるものですら、その線の必然性を説明できてしまうかのような、そんな天才性。

ドラ・マールの肖像》の(右手の)美しさよ!

参りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。