Open Hand Service

Open Hand Service

では続き


時計回りで、『カウエル:カルテット、ヴァイオリン組曲、他』、Nico Muhly『Mothertongue』、Fennesz, Dafeldecker & Brandlmayr『till the old world’s blown up and a new one is created』、そしてLPが、ガスター・デル・ソル『カモフルーア』。

一昨日+昨日と買ってきて、今日聴いていたもの。どれもこれも素晴らしく、うれしくなって(?)、ついもう1枚ネットで買ってしまう(笑)。

ヘンリー・カウエルは、ラジオで聴いて気になった「フルート、オーボエ、チェロとチェンバロのための四重奏曲」という変則的なカルテット目当てだったのだけれど、今は「ピアノと小管弦楽のためのアイルランド組曲」がお気に入り。ピアノの内部奏法の音色が、フェネスたちのアルバムに繋がる、というのがあるからかもしれない。

Nico Muhly は、MPさん経由。タワレコで何度か試聴しつつも、ジャケット的にうけつけない(なにかひっかかる)ものがあって(笑)、今まで買わなかったのだけれど、ウチで聴かせてもらい「これは興味深い」と思い、今日聴いて「うーん天才かも」と思うに至る。

フェネス、ダフェルデッカーとブランドルマイヤーは、久しぶりの“試聴”買い。他に安心して買えるアルバムがあったこと、そして、ジャケットが良かった(非常に凝っている)ことが要因。即興をリコンポーズするという手法で作られたそうで、うーん音響的。無音(正確にいうと無音ではない)の使い方が(ジョン・ケージの「4分33秒」的に?)妙。

ガスター・デル・ソルは、見つけたら買おうと思っていたラストアルバム。こういう感じだったのね。

そうそう、吸音材。天井に付けてみたポリエチレン製のホワイト・キューオン(笑)よりも、スピーカーの下に置いたフェルト(3mm厚)の方が効果大な感じ。スピーカーと床の間が低音の鍵らしい。

うん。

Comments

  1. rek より:

    すいません。 マネをしました。
    Nico Muhly。
    わたしにとって初めてのような音楽だったのですが、なんというか、
    とにかくすばらしかったです。
    なんなんでしょう、この感覚は。。
    そして、また、紹介された音楽を聴きたいと思っていたりします。
    (あと、わたしの方でリンクはってもよいでしょうか?)

  2. ナカダ より:

    Nico Muhly 、ボーダーレス、というか、境界を飛び越える瞬発力と、
    ある種の強引さを伴う、“自然さ”がたまらない(?)、
    まとめちゃう感じ(?)、が素晴らしいなー、と、僕は思ったりしています。
    >紹介された音楽を聴きたいと思っていたりします。
    そう仰っていただくと、ありがたいです。
    (僕も rek さんの紹介されている音楽を聴いてますよ)
    >(あと、わたしの方でリンクはってもよいでしょうか?)
    もちろんです。ありがとうございます!

  3. rek より:

    ありがとうございます。
    さっそく貼らせて頂きました。
    >(僕も rek さんの紹介されている音楽を聴いてますよ)
    !!!!
    うれしいと思いつつ、なんだか照れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。