Open Hand Service

Open Hand Service

牧師夫妻、ゆるくてノイジー、LP多し


最近(昨年末〜先月末)買ったLPやCDのメモ。ちゃんと書いておかないと、何を買ったか忘れちゃうからね(去年の反省からの行動)。

どれも良いのだけれど、WELCOME WAGON『Welcome to the Welcome Wagon』(リンク先はCD)がいちばん気に入っているかも。牧師夫妻による、カントリー、フォーク、ゴスペル、そして、ポップスな感じ(?)。スフィアン・スティーブンスのレーベルからスフィアンのプロデュースでのリリースだから、かなりスフィアンっぽいので(笑)、彼のファンだったら間違いなくお気に入りになるでしょう。ジャケットもやり過ぎ感満載で秀逸(内袋も素敵)。

ソニック・ユースの“シングルB面曲を中心にレコード・オンリーで収録された曲や未発表曲など、現在では入手困難な楽曲を一気に収録した”らしい『The Destroyed Room』(リンク先はCD/でもLPの方が収録曲が多い模様)も、期待通りのゆるくてノイジー、そして不協和、素敵。

アイデアの別冊付録、raster-noton “aiff―tiff”(本+CD)は予想通りというか、予想ママ(笑)。ヴィジュアルから音楽(逆だったっけ?)というのは興味深いけれど。

あとは、フェネスの新譜とガスター・デル・ソルのファースト。なぜかLP多し。

Comments

  1. yama より:

    aiff―tiffは映像もついて来るものだと勘違いしていて
    家に帰ってガッカリした、とても

  2. ナカダ より:

    僕も「予想ママ」と書きつつも、
    実は、AIFF(音)としてもTIFF(画像)としても
    開けるファイルになっていたりして、
    なんて思っていたことも事実だったり(笑)。

  3. yama より:

    よかった、勘違いしてたの自分だけじゃなかった(笑
    それはそうとこんな物↓を発見
    使い勝手が微妙だけど、うまく効くとかなり効果があるみたい
    音楽CDの読み込み回転速度を制御し、ノイズを軽減する『Scharping』
    http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-2085.html

  4. ナカダ より:

    Scharping 良いね! 確かに静かになる!
    同居人の MacBook Pro では速度調整ウィンドウが
    表示されるのに、僕の iMac G5 では表示されないじゃないか!
    でも効果はある(笑)、じゃないかーと思っていたら、
    10.5以上なんだね。
    効果があるからいいか(いいのか)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。