Open Hand Service

Open Hand Service

掃除

そうか、これは、高橋悠治さんの言葉だったのか。

ともかく昔の中国のことわざで「何かものごとを始めるには、まず、部屋を掃除しなければならない。部屋がからになると、太陽の光が入ってくる」というのがあった…。

InterCommunication No.24(1998)より抜粋。クセナキス×高橋悠治×伊東乾「存在・偶然・忘却」からで、クセナキスの「ものを忘れれば、意識はより自由になる。それで、頭を記憶から開放するんだ(笑)」発言に対する悠治さんの同意的回答。(クセナキスのその後を考えると、笑うに笑えない発言ですけどね。)

それにしても、勢いがあった頃の InterCommunication は面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。