Open Hand Service

Open Hand Service

ロングライフ

imperative
『D勉強会』に触発されて、“ロングライフデザイン”ということについて考え続けている。「自分の一番長く使っているモノは何か」、「世界で一番長く使われているモノは何か」というような基本的な問いから始まり、、、「長く使われ続けるシステム」について妄想する。

そんなことを考えていると、ヴィクター・パパネック,著『地球のためのデザイン』を思い出す。ここに書いてある「買う前の10の質問」を皆が実行すれば、必然的にモノとのロングライフな付き合い方になるのだろうけど、それは、今の経済のシステムが許してくれないだろうよ。

あ、写真左の『生きのびるためのデザイン』の方が、よく推薦図書として紹介されることが多いけど、僕はというか、断然『地球のためのデザイン』の方が良いです。『生きのびる…』+『人間のためのデザイン』+α=『地球のための…』であって、彼の集大成だから。

ロングライフ(不老不死)か、サイクル(輪廻)か、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。