Open Hand Service

Open Hand Service

暑中見舞い


昨年に続き、暑中見舞いを作成、入稿。上の写真、選考漏れのひとつ、“青森県立美術館の庇部分”を見ても分かる通り、僕は一見何か分からないような写真が好きなわけで、つまり、今回も相変わらずの分けの分からない自己満なデザインになっている可能性が高いですが(笑)、もらってやってください。

というわけで、7月中にはみなさんに届くと思われます。

Comments

  1. yamauchi より:

    「ねこのおなか」のやつは非常に和みました
    うちの猫も三毛なので共感度が高かったのかもしれないが

  2. ナカダ より:

    そう言ってもらえると、うれしいなー。
    あのときは、猫の細い毛の一本一本が、280線でどれだけ出るか、という印刷的興味があったりもしたのだけれど。
    今回のはクールな感じ(?)なので、どうだろうなー。
    感想お待ちしておりますよ。

  3. rek より:

    ほしいす。。。
    暑中見舞い。
    催促しちゃっていいですか?

  4. 明日佳 より:

    我が家にも是非一通下さい。。。

  5. ナカダ より:

    > rek さま 明日佳さま
    えー、今回は猫がモチーフじゃないですけど、
    そこんとこ大丈夫でしょうか(笑)。
    で、暑中見舞いが欲しい、という奇特(?)な方は、下記アドレスまで
    送付先ご住所を送ってくだされば、お送りしますよー。
    info@open-hand.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。