Open Hand Service

Open Hand Service

FLAC


今日は、今日分の仕事のノルマを無事夕食前に終えたので、久しぶりに夕食後の音楽鑑賞。最近買ってきた、Castanets『Texas Rose, The Thaw and the Beasts』のLPを聴く(リンク先はCD)。

うーん、渋い。いい意味で。

で、FLAC。このレーベル(Asthmatic Kitty)のLPには、便利なことにMP3のデータがダウンロードできるコードが書かれた紙が入っているのだけれど(※僕が買った数枚調べ)、 今回、このカスタネッツのLPには「FLAC」と書かれたシールが貼ってあるではないですか(!)。

FLAC(Free Lossless Audio Codec)、iTunes 的にいうと Apple ロスレスなクオリティ。つまりMP3より音が良いというわけです。良いことなわけです。

色んな情報(?)を統合すると、デジタル音源系は FLAC がメインになりつつあるのか(も)。うん。

だがしかし、FLAC は iTunes でそのまま再生できないんだなー。うーん、締め出しなのか(?)。

Comments

  1. 大天使心得 より:

    え~困ったときにはまず検索。AppleにはALACというのがあるからでしょうが、ここにiTunes to FLACというのがあります。
    http://www.lexial.ca/alex/applescripts/iTunes_to_flac.html
    またここにはMac用のダウンロードソフトがたくさんあるので、この中のどれかで何とかなるでしょう。
    http://flac.sourceforge.net/download.html

  2. ナカダ より:

    情報、ありがとうございます!
    (リンク数が2つ以上あると、コメント表示を保留にする、
     という設定になっていたため、6日まで表示されていませんでした、
     すいません)
    音が良いことと、便利である、簡易であることが両立して欲しいものです。
    まあ、それだとオーディオという趣味は成り立たないわけですが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。