Open Hand Service

Open Hand Service

西湖自由キャンプ場3

忘れないうちに書いておかねば…(その2)ということで、5月下旬に行ったキャンプのお話。

3回目の西湖自由キャンプ場。いつもは湖面に面した場所にテントを張っていたのだけれど、今回は、試しにちょっと離れた小さな丘的な所に張ってみたところ、これが色々(湖面近くと違って地面が水平/トイレからの距離が近くなる/湖で遊ぶ人達の声が遠くて静か…などなど)と良い感じで、次回からはこの辺りに張るべきかも(もしくは林近くも試してみるべきかも)。

あと、初めて1人で小1時間ほど西湖周辺を散歩してみたのだけれど、途中で、湖と山々と自分だけ(視界に人・人工物が見当たらない)という場所があり、そこで30分ほどボーっとした何だかすごく贅沢で豊かな時間を過ごせたのが吉。

あ、キャンプといえば、巨大アートワーク「COMPANION」がふもとっぱらキャンプ場に来るみたい(行けたら行きたい…)。

はい。

青野原オートキャンプ

青野原オートキャンプ場

忘れないうちに書いておかねば…ということで、4月上旬に行ったキャンプのお話。

相模原市の道志川沿いにある青野原オートキャンプ場に初めて行ってみたのだけれど、清流な川沿いというシチュエーションといい、良心的な料金・時間設定といい、(平日の)空き具合といい、総合的にかなり満足度が高いキャンプ場でした。

ちょうど桜の時期だったので、上の写真のようにお花見キャンプを楽しめたのも大きかったけれど(ただ、まだまだ寒い時期だったので、日が当たっていないときはかなり寒かったけれど…)。

はい。

Handsoap – Need a Hand

Handsoap - Need a Hand

imaginaryanimal のハンドメイドな手形石鹸、その名も Handsoap

オープンハンドな物を見ると、ついつい欲しくなっちゃうのだけれど、これもそのひとつ(左上の手と同じになるように、左手バージョンをチョイス)。

はい。

KINTO|TO GO TUMBLER

キャンプ用に購入した、KINTO の TO GO TUMBLER

最初にキャンプ用に買ったステンレス製のマグカップは、なんだか金属の味(?)がするような気がして、次に琺瑯製のマグを買ったのだけれど、コーヒーを淹れても(ステンレス製もそうだけど)30秒で冷めてしまい、ちょっと残念なことに…。

というわけで、TO GO TUMBLER。ステンレスの二重構造で保温保冷効果があり、心配していた金属の味(?)もなく、見た目的にも素敵なので、ほぼ完璧かも(キャンプ以外でもときどき家でも使っているほど気に入っている)。

ほぼ、というのは、(コーヒーはやはり香りも楽しみたいので)蓋を取って飲んだときに保温性がやや低くなってしまうのと、蓋の穴が細長いI型なので(?)、ちょっと飲みにくいところ(つまり蓋が満足できない…)。

はい。

David Shrigley|Ridiculous Stress Swan-Thing

swan

ユトレヒトで出会った David Shrigley さんの「Ridiculous Stress Swan-Thing」(+レゴのキャップ+指輪)。

下のボールを握るのも良し、この Swan を握るも良し(癒されます…)。

はい。

sanspenser|野球ボール

sanspenser|野球ボール

GWに、ずっと行ってみたかった新潟の F/style に詣でて来たのだけれど、そこで出会ったのが、sanspenser(サンペンセ)さんの野球ボール。

佇まいも、手に持った感じも、投げた感じも、受けた感じも、全部良い感じ。通常は捨てられてしまう(←と聞いたと思うのだけれど…)、土佐あかうしの皮を使っているのも良い。

僕が持ち帰ったのは、店頭に並んでいた日焼けしたものなので、上の写真のようにパン色だけれど、箱から出したばかりのものはもっと白くて、そういう経年変化も楽しめるのだなー(僕は敢えてパン色にしたけれど)。

はい。