Open Hand Service

Open Hand Service

2500km

2012年から続けている夜ジョグ(夜のジョギング)の総計が2,500kmに到達(!)。使っているアプリ「NIKE RUN CLUB」でいうランレベルも、上から3番目のパープルとなったりで、私的には大変嬉しいのだなー(後は5,000kmでブラック、15,000kmでボルト!)。

自分なりに続けられている理由を考えみると、「ある程度はゆるく、でも守るべきところは守る」という感じかもしれない。

例えば、走る頻度は「3〜5日に1度」で、走る距離は体調によって「4〜7km」と、ある程度ゆるく設定してあるけれど、守るべきところ、つまり上記から導かれる最低線、「5日に1度は走る」や「最低でも4kmは走る」というは頑張って守る、ということ。

僕の場合、これに「平均ペース以上で走る」と、「月に最低40km以上走る」というのが加わるけれど(もちろん病気のときは例外ね)。

もともとは、耳の健康のために医者に勧められて走り始めたのだけれど、今ではしばらく走らないと気持ち悪いくらいに生活に馴染んでいるし、なにより体力がついてか、仕事中に集中していられる時間が増えたことも、副産物として大きい。

というわけで、これからも続けていくのだよ(次の目標は今年中に3,000km)。

はい。

(utd)

(ちょっとバタバタしていました…)

ピクルス

ここ数年目標としてきたピクルス作り、ようやく達成。レシピはネットで適当検索、栗原はるみさんのもの。

(写真は間違って「階調の反転」してしまったけれど、良い感じだったのでそのまま採用・笑)

これで、ピクルス食べ放題。

Wired

Pioneer TF-08

家電(子機みたない無線型)のバッテリーが2度目の死を迎えたので、買い替え。今度は有線型の機能も最低限な Pioneer|TF-08 に。

無線は色々と便利だけれど、バッテリーの寿命という問題があって、寿命が終えるたびに買い替えしなきゃならないのがなんだかアレなので、バッテリー切れの心配のない有線に戻したのでした(そういえば掃除機も)。

はい。

Khruangbin | Con Todo El Mundo

今年一枚目のLPは、Khruangbin(クルアンビン)の『Con Todo El Mundo』(ピンク盤ではなく黒盤)。

クルアンビンのファーストアルバムがお気に入りだっただけに、このセカンドアルバムには期待しつつも、自分の好みとは違った方向性(ファーストでいうと唯一あまり好きでない「People Everywhere (Still Alive)」のような)だったらどうしよう、という不安もありつつ待っていたのだけれど、杞憂に終る。

ファーストより少し大人っぽく、若干マットになったような、素敵なアルバム(ただ、いつか書いたように厚紙内袋に裸でLPが入っているタイプなので、LPを取り出すときに傷が付かないように注意!)。

来月の一枚は、LPの入荷が遅れているニルス・フラーム『All Melody』。こちらも楽しみ。

はい。