Open Hand Service

Open Hand Service

Fireface 400


そうそう、一昨日まで「音と戯れる会」の巡回試聴でウチに来ていた、RME Fireface 400 の音は、まさしくスタジオで聴いていた音と同じ系。太く力強くストレート。

Fireface 400 は、オーディオインターフェイスなので、すごく色々な機能があるけれど、今回は、DAC部分のみを、常用している CEC DA53 と比較試聴。

音の感じは上記の通りなので、CEC とは好対照。ただ、Fireface 400 はコントラストが高いゆえに、情報というかニュアンスに欠けていると感じるところあり。まあ、これは戯れる会のみなさんのように、電源を強化すれば解決する問題なのだろうけど。

次の DAC 選び、迷いそうだなー(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。