Journal

Posts

Buster + Punch | DOOR HANDLE / CROSS

ここには書いてこなかったけれど、今、家を建ててまして。

で、上の写真が玄関用に選んだ、Buster + Punch の「ドアハンドル / クロス(ステンレス)」。

建築家さんが勧めてくれたドアハンドルも最高に素敵だったけれど、ピカピカのステンレス製だったので、神経質な(手汗多めな)僕としては、指紋の跡(や汗のベタつき)が後々気になってくるんじゃないか…という疑惑があって、でも、シュッとしたステンレス製は格好良いな…、うーん…、というジレンマが…。

で、それを解決してくれたのが、ロンドンの Buster + Punch の商品。このドアハンドルは、ダイヤモンドカットのクロスローレットパターンが施されているので、手汗や指紋の跡もある程度許容できるし、なんといっても格好良い(!)。そして、家の隠れテーマである「文化系インダストリアル」にもしっかりと合致。

で、写真にはないけれど、室内のドアには、アルムニウム製のブラックを。陽極酸化された深みのある黒もなかなか良い感じ。

はい。

新見和也|NHK棒

ようやく仕事も落ち着いて、お久しぶりのブログ(ジャーナル)。

上の写真は、6月の終わり頃に行った、藤野のギャラリー&カフェ「studio fujino」にて出会い、お持ち帰りしたオブジェ。

まじまじと見ても、どこにも継ぎ目が見当たらないので、これはひとつの木片から作られたのだよなー、と思いつつ、作家さんのインスタを眺めていたら、なんと制作動画がアップされているではないか!(上部球体の模様が同じだから間違いないと思う/もしくは兄弟?)

というわけで、新見和也さんの「NHK棒」(というシリーズらしい)、素敵です。

あ、studio fujinoも素敵なところですよ。

はい。

LINN | Majik DSM/3

LINN | Majik DSM3

新しいオーディオを買いまして。LINNのMajik DSM/3(デジタルストリームプレーヤー+マルチインプット・プリメインアンプ)。

昨年の秋に新型のDSM/4がリリースされてから、これはチャンスと型落ちのDSM/3を狙い続け、中古の売価が半額を切ったところで購入(2月末のお話)。オーディオ計画的には、後は例の天吊りのスピーカーを買うのみ(来年初頭に導入予定)。

肝心の音は、今まで(約7年)使ってきた同じくLINNのSEKRIT DS-Iと比べると、明らかに情報量が増え、音場も広がり、音楽が生き活きと再生される(まるで奏者のレベルが上がったかのよう)。

あと、リモコンと液晶表示がすごく便利(当たり前の話なんですが…)。というのは、使っていたSEKRIT DS-Iは、リモコン受光部なしの初期型で、液晶もないので、操作・確認系は全てiPhoneで行っていたのだけれど、これが不便に感じることも結構多かったり…(Majik DSMはどちらでも操作可)。

あ、それと、HDMI入力・出力(4K、ARC、CEC、HDR対応)も凄く便利!(これについてはまた今度…)

はい。

(utd)

(気が付けば2月ももうこの週を残すのみ/次の更新は4月になりそうです…)

愛猫、永眠…

愛猫ミンコが、先週1月21日に永眠しました(18歳と10ヶ月、19歳まであと2ヶ月…)。かわいくて、やさしくて、良い匂いがする、最高に素敵な猫でした。

どうか、安らかに…。

(本当に深く悲しい(強いストレスにさらされた)ときは心臓が苦しくなるものなんですね…)

(そして、覚悟や心の準備というものは、どれだけ出来ているつもりでも、事前には出来ないものなんですね…)