Journal

Archive: Diary

Work From Home

Work From Home

Webサイトのリニューアルをお手伝い(コーディング担当)させていただいた藤森泰司アトリエさんが、新しい試み「Work From Home」をスタートされています。

このような状況になって、藤森泰司アトリエも4月から在宅ワークになりました。突然のことなので、スタッフたちも自宅で仕事をする環境がありません。まずは、自宅で仕事ができる家具が欲しいね…という話をしました。そこで、スタッフそれぞれの状況に呼応する家具をみんなで考えました。その第一弾として、いくつかのタイプの小さなデスクをデザインしました。これらの家具は、自分たちの強い必然性から生まれたものです。だとすれば、他の方々の状況にも強くコミットできるかもしれません。そう考えた時、思い切って藤森泰司アトリエで販売することにしました。

僕の場合、もともと在宅ワークでしたので、新たにデスクは必要ないのですが、それにもかかわらず、ついつい欲しくなってしまう素敵なデザインと(必然性から生まれた)機能に惹かれまくっております…。
(個人的には跳ね上げ式のWBが欲しいです…)

緊急事態宣言は解除されましたが、これからも在宅ワークが続く方、いかがでしょうか?

> Work From Home

P.S.
デザインの現場「これ、誰がデザインしたの?」でも紹介されてます(良記事)。
> 藤森泰司アトリエのWork From Home

Bluetooth テンキー

Bluetooth テンキー

そういえば、仕事用のiMacのテンキー付きキーボード(気まぐれUK配列)を、標準キーボードと外付けのBluetooth テンキーに変更したのでした。

単純にテンキーを左側に置いて使ってみたかったからなのだけれど、最初は左手でのテンキー入力がなかなか慣れなかったものの、今ではかなり便利に使いこなせるように(マウスを持ったままテンキーやファンクションキーをバシバシ打てるのかなり便利)。

次は、USBフットスイッチを試してみたいのだが、どうなんだろうか…。

うーん…。

SPONGE STOOL

SPONGE STOOL

そういえば、今月からスポンジスツールがネットショップで発売されてます。

僕は公式サイトを担当した関係で、昨年末頃に試作品(ベージュ)をひとついただき、自宅で使用しているのだけれど、スポンジ独特の柔らかさと、座面のチェック模様の素敵さで、今ではすっかりお気に入りにの椅子に。

あ、座面のチェック模様は、SPMFという成形技術によって作られていまして、色の重なりや、線の揺らぎなどがひとつひとつ微妙に異なるそうで、工業製品だけれど、世界にひとつ的な愛着も湧いてきたりします。

使い方も、普通に椅子として使ったり、ソファの横に置いてサイドテーブルとして使ったり(水に強い素材なので飲み物をこぼしても大丈夫)、後は、グリーンなどを置く台として使ってもかわいいかも。

是非!

Bolt Skull Patch

Bolt Skull Patch

仕事着として使っているパーカーの右肘に穴が空いてしまって、買い替えようかとも思ったけれど、他の箇所は特に痛んでいないので、肘当てでも付けてみようと思っていたところ、妻がそっと差し出してくれたのが、ベックのボルト・スカル・パッチ

ただ、サイズ的にはぴったりだったものの、なんとなく外国製のパッチ(アイロン接着タイプ)はすぐに取れてしまうじゃないかと思っていたけれど、これが全然大丈夫で、もう何回か洗濯したけれど、剥がれる気配なし(!)。

(実はもう1枚同じパーカーを持っていて、こちらもやはり右肘に穴が空きそうになっていたので、試しに市販品(日本製)のエルボーパッチを使ってみたところ、1回目の洗濯で端が少し剥がれてしまい…、糸で縫い付け補強するハメに…)

というわけで、ボルト・スカル・パッチ、良いです。

(ちなみに、アートワークはトロントのアーティスト、KIMIKIMOさんだそうです)

はい。

GGS MASK

GGS MASK

埼玉の深谷市にある素敵な古着屋さん、Green grocery store(コロナが空けたら再訪したいお店のひとつ)のハンドメイドマスク、GGS MASK(グレー)が届く。

普段している使い捨てマスクより呼吸し易いし、着け心地も想像以上に良い(飛沫の飛散防止にはこれで充分だと思う)。

はい。