Open Hand Service

Open Hand Service

部屋、スピーカー、比率


 
部屋に対するスピーカーの位置、上が引っ越し前、下が引っ越し後、つまり現在。オーディオ編成的には(ほぼ)変化なしだけれど、まさに“違うスピーカーが鳴っている”ような、やっぱり部屋の影響って大きい。

床や壁の強度が大幅にアップしているからだろうか「重低音」、スピーカーの背面、左右が(ほぼ)同条件になったからだろうか「高解像度」、そして、スピーカーの間隔が広くなったからだろうか「ステレオフォニック」(!)。眼前に広がる音響(!)。笑。

欲を言えば、スピーカーから3m以上離れたい、が、仕方ない(縦長配置なら可能だけれど)。でも、スピーカーに近くなったからだろうか「小音量でのリッチ再生」、はすごくうれしい。

というわけで、音楽だけを聴いて過ごす時間が明らかに増えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。