Open Hand Service

Open Hand Service

横位置→縦位置

つづき。スピーカーを大きいのから小さいのに変えたら、その分低音の量も減るだろうと考えていたわけだけれど、それが思ったより減らないのはなぜ。うーん、こんな小さなスピーカーからこんなに低音が出るものだろうか。

というわけで、一応アンプも疑ってみる。仕事部屋で使っている icon を持ってきて音を出してみるが、相変わらず出まくる低音。低音酔い寸前。うーん、引っ越してから半年かけて取り除いたはずの 50hz 前後の定在波が、ここ一ヶ月で復活を遂げたのかもしれない。なんなんだこの謎の復活(!?)。暗澹たる思い。

こうなったら、半ば自棄糞、スピーカーの位置を縦位置にしてみる(スピーカーを部屋の長辺側に置くのが「横位置」、短辺側に置くのが「縦位置」)。部屋の(窓から見える風景も含めての)景色的に出来れば避けたかった縦位置だけれど、しょうがない。

まあ、分かってはいたけれど、やはり縦位置の方がよく鳴る。音が開けた、というか、音が飛んでくる、というか。縦位置ということと、フローリングの木目も(音が出る方向に)縦になった、ということが大きいような気がしないでもない。都市伝説は本当だったのか(笑)。

そして、懸案の 50hz 前後の定在波もきれいさっぱり無くなり、すっきりとした美音になったというわけです。

というわけで、オーディオ的に(あくまでもウチのケースでは)より苦労しないであろう縦位置に宗旨変えしたのでした。スピーカー間 2.2m、スピーカーからソファまで 3.3m、小さな2つのスピーカーから広がる広大な音場(!)。

「スピーカーを置く場所はステージだと思え」という考え方は正しいのかもしれない。

以上、長い長いオーディオメモのつづきでした。

Comments

  1. おろち より:

    KEF105の天地をひっくり返して使ってみたらどうなるんでしょうね。

  2. ナカダ より:

    え、どうなるんでしょうか!?
    @@@
    景色的にもすっきりしているので、
    しばらくは805で行こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。