Open Hand Service

Open Hand Service

著作権


下のエントリーを書いていたら、このTシャツのことを思い出す。これも同じような(?)アイデア。

何て書いてあるかというと、ノイエ社の新しいグロテスク(=サンセリフ=いわゆるゴシック体)書体とあり、ブロックマンのデザイン(書体のデザインは別の方ですよ)。ちなみに、ノイエ・ハース・グロテスクは、ヘルベチカの前身であります。

このTシャツは自作なのだけれど、本当はたくさん(タイポグラフィ名作系Tシャツを)作って売りたいくらいなんだけど、著作権がね。

とか思ってたら、著作権のことについて、内田樹さんが素敵なことを書いてらっしゃる。

概ね賛成。僕は引用しまくり体質なので(笑)、ちゃんと考えなければならないのかもしれないけれど、「基本的にはその著作権所有者が損しなければいいんじゃないの」とも思っている。

損得も難しい判断ではあるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。