Open Hand Service

Open Hand Service

ELECOM BlackGrast


ELECOM、BlackGrast シリーズの「硯」。マウス問題、とりあえずこんなのを飼ってみました。

普段ならこういう感じのあれな商品は買わないのだけれど(笑)、しっとりとしたマテリアルが手になじみそうなのと、色が真っ黒っていうのもいいかも、白から黒って変わった感じがするし(!)、という感じで選抜。

いいところ。「従来のLEDを使った光学式に比べて認識率が高い高精度レーザーセンサー方式」を使っているそうで、白い机でもマウスパッドなしで使えるようになった。

よくないところ。その高精度のせいか、めちゃくちゃポインタが速い(!)。マウスの「軌跡の速さ」を一番遅いのより一目盛り前にしているのだけれど、それでも速い(一番遅いのはちょっと遅い)。ドライバ不要タイプだから、純正のドライバもないし。

あと、やはり軽い。なぜか肘が痛くなる。と書きつつもだんだん慣れてきた感もあり。もう少し使ってみるべし。

『事典 世界音楽の本』に書いてあった、

スピーカーの振動そのものと向き合うこと。スピーカーの向こうに神を見ないこと。

という大友良英さんの言葉を考える。

Comments

  1. yama より:

    DTPとか1ピクセル単位の
    マウスさばきが必要な作業には
    最近の高DPI(カウント)なマウスは
    不向きなのだった。
    高DPIって事は同じ1ピクセル
    動かそうとおもったら、
    より細かい操作が必要になるのだ。
    ドライバは、
    USB Overdrive
    もしくは
    SteerMouse
    というサードパーティ製のマウスドライバで、
    カーソル速度、加速度、ボタンの割当を
    調整できるのでおススメです。
    僕はUSB Overdrive入れてます。
    加速度を0~5%程度にすると
    細かい作業が楽になります(自分比)。
    多ボタンマウス&無線マウスもおススメ。
    そして無線キーボードもおススメ。
    現行のアルミキーボード最高!

  2. ナカダ より:

    おお!
    さっそく USB Overdrive を試してみているのだけれど、
    すんごく使いやすくなったぞ。
    やっぱり持つべきものは yama くんだ!
    都庁なんかあげてる場合じゃなかった(笑)。
    (お借りしているものをそろそろ返さなきゃ)
    アルミキーボード、いいな〜。

  3. yama より:

    はっ!
    僕ひょっとしてお礼してなひ
    都庁いただきましてございます!
    ありがと~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。