Open Hand Service

Open Hand Service

安静

右耳の不調、また2年前のように突発性難聴かもしれないので、そうならば早期治療が一番なので、昨日、朝一で病院へ行く。

結果、鼓膜がへこんでいる(?)ため、低音が両耳とも聞こえにくくなっていることと、右耳の高域のある帯域が聞こえにくくなっている(原因不明)、とのこと。前にかかった低音障害型突発性難聴とは違うらしい。

うーん、両耳の低音が落ちているとはいうのはショック。通りで何を聴いてもハイ上がりに聞こえるわけだ(笑→泣)。

とにかく薬を飲みつつ、安静。

Comments

  1. 大天使心得 より:

    出版関係で激務の知人が先日突難で入院しまして、医者には休養を勧められているのですが、ままならず仕事に戻ったようです。
    沖縄の医師の友人によると結局はストレスが原因の心身症的な症状が激増しているのだそうです。
    カナダ・インディアンの古いことわざ。
    「人生で一番長い旅は、心から魂に至る旅である。」
    「こうあらねばならぬ。」という縛りがストレスを生み出します。もちろん社会人である以上必要ですが、必要以上のものは捨てましょう。
    どこかで書きましたが、ジャマイカの挨拶。
    呼びかけは「アイリイ!」=Everything is Beutiful!
    答えは「クールランニングス=」Everything is Alright!
    「やあ!一切は美しいね!」
    「うん、一切はあるべきところにあるね!」
    社会的にあまり適応できていないのは僕も同じです。いまどきビョーキの一つや二つ抱えていないやつは絶対にモグリです。

  2. ナカダ より:

    突難、増えてますね。僕の周りでもちらほら聞きます。
    僕の場合、今回は骨伝導でも低音が落ちているので、フィジカルな問題なようですが、最近、大きな音(工事、工場、ライブなど)を聞いた覚えはないので、原因は心的なものなのかもしれません。
    >いまどきビョーキの一つや二つ抱えていないやつは絶対にモグリです。
    あはは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。