Open Hand Service

Open Hand Service

古武術とクオリア

昨日は、構想日本 J.I.フォーラム『古武術とクオリア』、つまり、甲野善紀(武術を基盤とした身体技法の実践研究者)×茂木健一郎(脳科学者)に参加。

甲野さんの「科学(至上主義)批判」に対しての、茂木さんの「真の科学はそうではないですよ」的弁明。もっと刺激的な論戦が聞けるかと思いきや、終始、お互いに視線(論線?)を合わせないというか、微妙にズレ合っていて、後味悪し。といっても、興味深い話ももちろんあって、アマチュアリズムの重要性とか、デカルト、カント、ニーチェなんかは社会に対する個人的な主張であったとか、武術の「型」と「真の科学」はある意味同意であるとか。んーむ、第三者としての司会がいれば、もっと話がまとまっただろうに。

甲野さんは、現代の科学(至上主義)社会を批判し続けているけど、僕は、やはり経済が悪の根元だと思うのだ。早くスタートレック的24世紀が来ないかしら。

明日の、シンポジウム『意識の進化』に行くべきか。池上さんの話は聞いてみたい。

複雑系、もうちょっとちゃんと理解したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。