Open Hand Service

Open Hand Service

4 Compact Discs

4cd
昨日は、夕方まで仕事、その後、打ち合わせ&CD4枚同時再生。今日は、午前中・仕事、午後・吉祥寺。

CD4枚同時再生っていうのは、上の写真の Flaming Lips /Zaireeka のこと。友人K君が持ってきてくれのだけれど、これがなかなかばかばかしくて(笑)、4枚のCDを同時に再生、つまり、CDプレーヤー4台、スピーカーが8つ(ステレオ録音だから2ch×4てこと)もいるのだ。

今回の再生環境は、メインでDisc1、リア(用のプリアンプにiPod)でDisc2、BOSEのCDラジオでDisc3、iMacでDisc4という、かなり無理矢理だったけれど、そして、全てを同期させるのにとても苦労したけれど、得るものはあった。特に、7曲目がきっちり揃うと、相当気持ち良さそう。

普通に、4とか5.1とか9.1chで作ってくれよと思わないでもないけれど、これは通常のサラウンド再生とは違った、場(?)のアート的な要素も加わるところが良いんだな。きっと。

サラウンドと言えば、僕の中でのサラウンド御三家(ビョーク、ベック、コーネリアス)のうちのひとつ、コーネリアスの新譜がとても期待できそう。これは、オーディオ・ベーシック誌情報なのだけれど、音はかなり良くて、しかも前作よりも潔いらしい。SACDはないとしても、もしかしたらDVDオーディオでのリリースはあるのか! が気になるところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。