Open Hand Service

Open Hand Service

脳に刺激を

というわけで、脳に刺激を与えようと、昨日は、インテリア ライフスタイル展、映画『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』を観る。帰りに、福岡伸一,著『生物と無生物のあいだ』だって買う。

ゲーリーさんのグニャグニャした建築には、もともと興味を持てなかった、というより理解できなかった。「良い」とか「好き」の前に、「?」が頭をよぎっていたのだ。映画(ドキュメンタリー)を見ても、なぜあの形になるのか、ということは結局わからなかった、というよりも、頭が真っ白になりそうになりながら、ただただ受け止めようとするだけで、いっぱいいっぱいだった。

結局、彼は天才で、僕は彼の建築を体験するしかないのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。