Open Hand Service

Open Hand Service

考える人

考える人
特集「続・クラシック音楽と本さえあれば」に惹かれ、表紙は、アンナー・ビルスマかと驚き、さらに、以前、すごく面白かったと書いた、NHKのETV特集『言葉で奏でる音楽 〜吉田秀和の軌跡〜』での、吉田氏と堀江敏幸氏との対談の続きもあったので、季刊誌『考える人』を買ってみた。

(ちょろちょろと他のページも読み進めると、Oさんが書いてらっしゃったのは、この雑誌のことだったのか(!)とようやく気付く。)

ビルスマさんのお宅は素敵だなーと思いつつ、音楽と評論、というより、芸術と評論、知性と感性とかいうこと(かな)を考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。