Open Hand Service

Open Hand Service

形態は宿命に従う

(前略)

「ブログ読んだよ。で、サリヴァンの言う“機能”ってなんだったの?」

「僕もよく分かってないんだけど(笑)、サリヴァンの言う“機能”って、
 いわゆる“有用性”とか“使用者”とか“必要性”とか、そういうこととは
 無関係らしいよ」

「ん?」

「“有機的な本質の表現という形而上学をすべての基盤にしている”
 らしい」

「へぇー…」

「“機能”を“宿命”と置き換えても彼の言いたいことは表現できるらしい」

「ふーん…」

(後略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。