Open Hand Service

Open Hand Service

BATTLES 論考(1)

BATTLES(バトルス)というバンドを初めて聴いたときから、このバンドについて、このバンドを通して、色々なことを(興味深く)考え続けている。僕のなかで“何か”がひっかかっているんだなー。

で、僕の周りにいる音楽好きをメインに、このバンドを知っているか尋ねたり、聴かせたりして、アンケート(?)したり。

で、一番興味深いのが、50代を中心としたオジサマたちの反応で、これがもの凄く不評(!)。「ロックは死んだ」だの「頭悪い」だの言われる始末(笑)。彼らは音楽好きで、ロックを聴く人も多いのだけれど、バトルスは受け入れられないらしい。

逆に、30前後、つまり僕と同世代な彼・彼女らは一様に「かっこいい」という。少なくとも不評なことはない(あくまでも僕調べですが)。

この断絶はどこから来るのだろう。

Comments

  1. おじさん より:

    盆踊りみたいと言ったおじさんは誰だっけ?

  2. ナカダ より:

    エアロビみたいって意見もありましたね(笑)。
    僕的にはもっと知的(という表現が適切かどうかは分かりませんが)な感じがするのです。

  3. MP より:

    ほんとにその断絶は不思議ですね・・・。
    ちなみにイアンというギターの人が民族音楽をよく聴いているそうです。あのメロディーはその影響があるようです。
    確かにエアロビ的テンションを感じる時があるなー!(笑)

  4. 大天使 より:

    「ロックは死んだ」とほざいたオッサンです。その節は失礼しました。
    ZeppelinなどBest & Brightestな連中が現役でやっていた熱いムーブメントの時代を知っているので、ついつい求めすぎてしまうのが断絶の原因かも知れません。
    こんな時代ですから、何かソウルというかハートというか、ダイレクトな熱さか、あるいは「おぬしできるな。」的な透徹したクレバーさがないとオッサン達は反応しないのでしょう。
    Battlesにもミニマルなトランスみたいなモノが感じられて面白いところはあるのですが、もっと格好いいモノ、タイトなモノが作れるんじゃないかと思ってしまうのですね。
    ちなみに現役で好きなのはU2っす。

  5. フハ より:

    なんだろうね、「何か」って。
    それはおそらく
    (S君にとって)とても身近なものなんだと
    思うよ。

  6. ナカダ より:

    >MPさん
    イアンさんは民族音楽好きなんですか。なるほどー。
    ということは、ライヒ系ミニマルではなくて、
    民族系ミニマルなんですかねー。
    >大天使さま
    僕は、大天使さんが仰る正反対(?)のところに、
    バトルスの良さがあると思っています。
    そして、それが「断絶(深い溝)」にも繋がるのかもなー
    と考えてました。
    今、レコ屋さんでもプッシュしているところが多いので、
    あの際どいバランスがどれくらいマスに受け入れられるのか。
    その辺が僕の興味のあるところです。
    貴重なご意見、ありがとうございました。
    (僕も Zeppelin と U2 は好きですよ。そして、バトルスも・笑 )
    >フハさん
    教えてよ(笑)。気になってしょうがないじゃん。
     

  7. カド より:

    もう完璧に感覚が違うんでしょうね。
    今ukから毎週のように新しいバンドがでてますが、
    レコード屋の人でさえ付いていくのがやっとなくらいです。
    偉そうな言い方をしてしまうと、感覚的にはバトルスもちょっと古いくらいなんです。
    昔はその感覚の違いを埋めることは可能ではないかと思ってたのですが、
    今はもう僕も諦めモードというか、やっぱり無理があるなと思ってます。
    やっぱりいつの時代もロックは若者の音楽。
    それはロック誕生の時から現在まで変わっていません。
    逆に言ってしまうと万人受けというのは、
    もうロックではない、
    毒がないってことなんではないでしょうか。

  8. ナカダ より:

    >カドくん
    僕が最初、単純に思ったのは、
    テクノやメタル(スラッシュメタル・パワーメタル)を
    通った(聴いてきた)かどうかで、バトルスへの評価が変わるのではないか。
    ということだったのだけれど、、、
    まあ、全く黒くないロック誕生(?)とか。
    なんだかややこしい話になってきましたなー。
    仰ることはよーく分かるんですが。
    うーんうーん。。
    ※ただいま調査中。(2)は来年1月を予定しております。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。