Open Hand Service

Open Hand Service

Music of the Year – 2014

今年、僕が「最も心惹かれた音楽」メモ。ベックの『Morning Phase』(2014)と、デイヴィッド・ラングの『Death Speaks』(2013)。

ベックの『Morning Phase』は、中年的には文句の付けようがない1枚(笑)。ストリングスが醸し出す壮大なスケール感、演奏、楽曲、アレンジ等々どこにも隙を見せない完成度、癒されるというよりは満たされるような、そんなアルバム(また聴きたくなってきた…)。

デイヴィッド・ラングの『Death Speaks』は、去年の終わり頃にリリースされて、今年の前半によく聴いていたのだけれど、豪華メンバー(ヴォーカル:シャーラ・ウォルデン、ヴァイオリン:オーウェン・パレット、ギター:ブライス・デスナー、ピアノ:ニコ・マーリー)の割に(?)、控えめな地味目のアルバムで、一聴ただのクラシックの歌曲集のようにも聴こえるのだけれど、これが「あるもののようだけれど、違うものになっている」のだなー(特に The National のブライス・デスナーのエレキギターがすごく良い)。

で、音楽生活的には、去年以上に Music Unlimited を活用する機会が増え、通常聴きなら Music Unlimited で充分だし、どうせ買うのならLPかハイレゾが良いし、というわけで、ほとんどCDを買わなかった年でもある(300枚ほど処分もした)。

それと、今年は世間的にも自分的にもハイレゾ元年。来年は、もっともっと盛り上がってって欲しいなー、と思うのでした。

他、よく聴いていたアルバムはこんな感じ(順不同)。

***

Sisyphus – ‘Sisyphus’(2014)←スフィアン+ヒップホップ

Rafter – ‘It’s Reggae’(2014)←レゲエ+ダブ(特にA面)

Moreno Veloso – ‘Coisa Boa’(2014)←アナログで聴くべし

Greg Gives Peter Space – ‘Greg Gives Peter Space’(2014)←ハイレゾで聴くべし

Gilberto Gil – ‘Gilbertos Samba’(2014)←色々な意味で攻めてる72歳!

G.Prokofiev – ‘Concerto for Turntables & Orchestra’(2009)←タ-ンテーブル協奏曲!

Flying Lotus – ‘You’re Dead!’(2014)←テンション上がります(特に5曲目!)

V.A. – Master Mix: Red Hot + Arthur Russell(2014)←コンピだけれどそれぞれ聴かせるね

Sam Amidon – ‘Bright Sunny South’(2013)←今年出たやつじゃなくて前作ね

***

それでは、よいお年をー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。