Open Hand Service

Open Hand Service

タレルの部屋


21世紀美術館で、いちばんいいなーと思ったのは、タレルの部屋。簡単に言ってしまうと、天井に四角い穴が空いていて、そこから空が見えるだけの作品(下の写真参照)。

同様の作品を、光の館(新潟)、地中美術館(香川)で見ているけれど、やっぱりいいなー。見放題な金沢市民がうらやましい。

今回は、今までと違い、青空でもなく、夕暮れでもなく、ただただグレースケールな何の変わり映えしない感じの空だったけれど、それはそれで、ただただ眺める。

音の響きが不思議な感じ、響きつつ空に抜ける感じ、というのが今回の発見。

“あの感じ”を思い出しながら書いていると、いつもより改行が多くなってしまう、そんなアート。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。