Open Hand Service

Open Hand Service

高過庵




守矢史料館の近くにある高過庵に、ついでのついでに(というかもちろん)行ってみる。

こちらは想像以上にかわいい(!)。周りの里山な風景に馴染んで“いる”ような“いない”ような、“建っている”のだけれど“浮いている”ような、心地よい違和感満載(!)。

これを見てわくわくしない人はいないでしょう(笑)。

建築をあれだけ(詳しくしりませんが)研究してきた人が、頭でっかちにならず、こういう(古いような新しいような)方向でもって、こういうものを作ってしまうことに、写真や映像で見てきた認識より、大きく驚く。

つづく。

Comments

  1. おろち より:

    いいねこれ。
    こんなの建てたい。

  2. ナカダ より:

    ですねー。
    こんなところで読書してたいです。

  3. god-zi-lla より:

    あ、行ったんだ。いいなあ。
    天竜の「秋野不矩美術館」にも行ってみたい。
    クツ脱いで入る美術館。藤森さんの。

  4. ナカダ より:

    秋野不矩美術館、来月、豊田市行きの帰りに寄ってこようと計画中です!

  5. yama より:

    これって中には入れるのん?
    風が吹くと結構揺れるらしい、、
    というのを体験してみたい。

  6. ナカダ より:

    > yamaくん
    入れません。揺れるだろうね。揺れてみたいね。
    秋野不矩美術館、一緒に行く?

  7. yama より:

    時間等都合が合えばゼヒ!

  8. ナカダ より:

    > yamaくん
    8/17のモレーノの後、と考えていたけれど、
    閉館が17:00だから無理っぽい。
    また連絡す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。