Open Hand Service

Open Hand Service

memorandum

ここ一週間くらいのメモ。僕にとってブログとは、メモのようなものかもしれない(だから、あまり真剣に受け止めないでね)。

建築家のアリメさんも書かれていたが、NHKのETV特集『言葉で奏でる音楽 ~吉田秀和の軌跡~』が非常に面白かった。比喩表現による的確(なんですよね?)な評論に加えて、若き音楽家の育成に力を注ぐ吉田氏。これこそが評論家のあるべき姿ではないかと。(勝見勝さんは、デザイン界の氏のような存在だったのかなと思ったり。)

80年代に来日したホロヴィッツのことを「ひびの入った骨董」と形容されたのが最も印象的。

NHKといえば、『YMOからHASへ 高橋幸宏+坂本龍一+細野晴臣 音楽の旅』も面白かった。再結成的にはほとんど興味はなかったのだけれど、ライブでの「CUE」がもの凄くいい感じ。なんというか“引きの美学”というか。思わず、RYDEEN79/07 を iTunes Store で買ってしまう。

テレビは、『熱中時間』(笑)も含めて、やはりNHKが一番面白いと感じる。(発動機の音をサンプリングしたいぞ!)

音楽。テレビで偶然見た、ジム・ジャームッシュ,監『ブロークン・フラワーズ』。そこに流れていた妙に懐かしいような、怪しいような音楽が気になり、サントラを購入(本当は、キップ・ハンラハンの新作を買おうと思っていたのだけれど、発売延期になってしまったのだった)。僕が気になっていたのは、エチオピア出身のマルチ器楽奏者&作曲家、ムラトゥ・アスタトゥケの音楽だった。次は『Ethiopiques, Vol. 4: Ethio Jazz & Musique Instrumentale, 1969-1974』を買うべしだな。怪しくて切ない。

同居人が、ジョニ・ミッチェルの『BLUE』を購入。ライノが今年リリースした180グラムのLP。(僕も)ずっと欲しいと思っていたところ、オーディオベーシック誌にこのリマスターは秀逸とあったので。肝心の音は、鮮烈という感じかな。オリジナル盤や日本盤と比較試聴してみたい。

後は、またまたアリメさんからお借りした、エイドリアン・フォーティー,著『言葉と建築』を、途中まで斜めに読んでいたのをリセットし、最初から丁寧に読み始める。言語の力を見直し始める。僕も普通にモダニズムの影響を受けているだけなのか(?)。

以上(かな?)。

あ、茂木健一郎さんの『偶有性の自然誌』の授業(僕は音声ファイルでだけれど)も面白かった。「未来に適応することことが脳(記憶)の唯一の目的」ですか。なるほど。(もちろん内容のほとんどはさっぱり分かりませんが)

冗長美論も興味深いですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。