Open Hand Service

Open Hand Service

デザインの善し悪し

思い切らないと、できなかった1割がすごく目立つのです。できなかった破綻が強調されて、ほとんどの人が「ここがおかしい」とわかるのです。完成できないものは捨てる。デザインの善し悪しは、そこしかないように思います。

エキサイトイズム、「深澤直人、デザインを語る」より。自分自身がうまくできたなーと思うデザインの場合も、最初に思いついたものがそのまま形となるか、もしくは途中でアイデアをひっくり返したときに多いように思う。

今までの努力が、とか、面倒だから、とか、そういう気持ちを振り切って、思い切らないと。

最近のオーディオ(横位置から縦位置)でもそうだなー。

10月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。