Open Hand Service

Open Hand Service

Archive: Minco

猫、17歳

かなり書くのが遅くなってしまったけれど、我が愛猫が17歳に( NekoMemori によると、ヒト年齢的には84歳に…)。

昨年の夏頃から段々と体重が減り、ジャンプや着地に失敗したり、よろめくことも多くなり、いよいよ本格的にお年を召してきたかも…と思いながら半年ほど経った頃、格段に食事の量が減り、嘔吐することも増え、さすがにちょっとおかしいぞと病院に連れて行ったところ、腎不全のステージ1だったのでした…。

その後、3日に1度の皮下輸液と食事療法を続け、体重も少しづつ回復し、先月頃から状態もかなり安定してきて、ようやく一安心な今日この頃。

だがしかし、腎不全は今のところ治ることはないそうなので、皮下輸液は続けて行くしかないみたい…。猫にも人にも(お財布的にも)大変だけれど…。

はい。

猫、16歳

ちょっと書くのが遅くなってしまったけれど、我が愛猫が16歳に( NekoMemori によると、ヒト年齢的には80歳に…)。

ここ数年は病院にお世話になることもなく、至って健康なのだけれど、トイレの回数が増えたことにより、ニャンとも清潔トイレのチップとマットから、アイリスオーヤマのパインサンド脱臭シートに変えたり(手間とコスト削減)。

あと、スムーズな排便(つまり便秘)のために、主食としてロイヤルカナンの消化器サポート可溶性繊維を食べさせていけれど、今年に入って食が細くなった(消化器サポートをもりもり食べなくなった)ので、半分をエイジングケアプラス ステージ2に変え、さらに、便秘対策用にサイリウムをふりかけたちゅーるを与えたり。

健康維持が大変なお年頃…(それでももちろん長生きして欲しい)。

はい。

猫、14歳

minco14

我が愛猫ミンコが14歳に。年のせいか、少し小さくなったような…。(Tさんにいただいた)NekoMemori によると、ヒト年齢的には72歳となってしまうのだけれど、そんなに年をとっているようには思えない飼い主心…。

あ、最近読み返していた『談 100号記念選集』の「身体のサイズ、身体の時間(本川達雄)」のところに、

たとえばわが家にネコがいて、体長がネコの倍のイヌがいて、私の体長がイヌの倍だとします。するとだいたいの計算では、イヌの時間というのは私のよりも倍速く、ネコの時間はさらに倍速いという関係になるわけです。そうすると、たとえばネコと30分遊んでいると、ネコにしてみれば2時間遊ばれたという感覚になるわけですね。

ネコは4倍速( NekoMemori も基本的には1年ごとに4歳ずつ増えてゆくし/最初の1年だけいきなり18歳になるけれど)。

はい。

DUKTIG

猫がぴったりという噂の、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」+フェイクシープスキンな「TEJN」。

試しに買ってみたところ、猫も気に入ってくれたようで、一安心(良かれと思って買っても、全然使ってくれない場合もある…)。

見た目のかわいさはもちろんのこと、寝ている猫を移動させる際も(ベッドごと運べて)便利なので、機能的にも優れもの。

おすすめです。