Open Hand Service

Open Hand Service

コーヒーとオーディオ

コーヒーの淹れ方の方法がたくさん存在するように、オーディオにも色々な方式がある。というようなことを考えてみる。

コーヒーの場合、最も一般的なドリップ式ひとつとっても、1つ穴のメリタ式、3つ穴のカリタ式、円錐形のコーノ式などがあり、フィルタの材質だって、紙、布、金属などがある。

オーディオの場合も、1つのユニットで全帯域を再生するフルレンジユニットから、2ウェイ(ユニットが受け持つ帯域を、高音と低音に2分割)、3ウェイ(高音と中音と低音に3分割)などがあり、ユニットの配置にしても、上から高中低音と並べるものから、高(中)音を低音で挟み込む仮想同軸という方式などがある(ついでに書くと円錐形のユニットもある!)。

このアナロジーは強引(かつ端折り過ぎ)だと分かりつつも話を進めますよ(笑)。

コーヒーのゴールはどこにあるか。それは、おいしいコーヒーを飲むことにある(と思う)。そのために、色々と方法が編み出されてきたわけだろうけど、そのなかで正解がひとつかというと、そうではない(と思う)。清らかなアメリカンが大好きな人と、濃厚なエスプレッソが大好きな人がいるわけだし。

では、オーディオのゴールはどこにあるか。僕にとっては、おいしい音(音楽)を聴くことにある。ただ、人によっては「原音再生」がゴールだったりする。元の音を再生する。録音現場で鳴っていた音を、自分の試聴環境で再生する。これが話をややこしくしている気がするんだなー。「俺の音が正しい、つまり原音再生なんだ!」とか、何か勝ち負けの話になったり。僕なんかは、「原音再生」はツールであって、ゴールではないと思っている(あれ、何の話だ?)。

ふらっと喫茶店に入って、コーヒーを飲む。「ここのコーヒーは僕の好みよりちょっと薄めだけど、その分透明感が際立っていて、これはこれでおいしい」。そんな風に、僕はオーディオも楽しみたい(だから、何の話?)。

正解はひとつではない。そういう話です(笑)。

Comments

  1. ポエトリー より:

    よくわかんないけど何となく賛成です。

  2. ナカダ より:

    どことなくありがとうございます。
    P.S. ボーズ=スターバックス。なんて。

  3. アナグラ より:

    友人に
    聴かすの入れるの
    緊張す
    (先日、中田さんたちに
    音を聴かせたMPさんとコーヒーを入れた私が
    どちらも似たような心境になっていることを詠った俳句)

  4. アナグラ より:

    進平に
    聴かすの淹れるの
    緊張す
    推敲しました。
    こちらでお願いします。

  5. ナカダ より:

    庭に栗
    コーヒーは音
    ソニハウス
    (僕なりに表現してみました・笑)
    緊張させてしまったようで、
    すいませんでした。。

  6. FORM より:

    Open Hand Serviceさま
    ご無沙汰しております。
    面白いお話ですね。
    先月神田のジュピター・オーディオさんに取材にうかがいました。
    僕は全然オーディオには知識がないのですが、
    同じようなことをうかがった気がします。
    店長さんの、やはり「美味しい音」、にこだわっている感がひしひしと伝わってきましたよ。
    多分「OPENERS」に近々UPされると思います。
    良かったらみてみてください。

  7. ナカダ より:

    >FORMさま
    お久しです。
    ジュピター・オーディオさんですか。
    僕は行ったことがないのですが、ヴィンテージ系のようですね。
    今度のぞいてみます。「OPENERS」も楽しみです。
    ヴィンテージはヴィンテージで難しいみたいですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。