Open Hand Service

Open Hand Service

Archive: Camp

KINTO|TO GO TUMBLER

キャンプ用に購入した、KINTO の TO GO TUMBLER

最初にキャンプ用に買ったステンレス製のマグカップは、なんだか金属の味(?)がするような気がして、次に琺瑯製のマグを買ったのだけれど、コーヒーを淹れても(ステンレス製もそうだけど)30秒で冷めてしまい、ちょっと残念なことに…。

というわけで、TO GO TUMBLER。ステンレスの二重構造で保温保冷効果があり、心配していた金属の味(?)もなく、見た目的にも素敵なので、ほぼ完璧かも(キャンプ以外でもときどき家でも使っているほど気に入っている)。

ほぼ、というのは、(コーヒーはやはり香りも楽しみたいので)蓋を取って飲んだときに保温性がやや低くなってしまうのと、蓋の穴が細長いI型なので(?)、ちょっと飲みにくいところ(つまり蓋が満足できない…)。

はい。

ふもとっぱら3

先週の火・水曜はキャンプ、3度目のふもとっぱらへ。

仕事の締め切りが伸びたことと、この(気候的な)チャンスを逃すともう今年は行けないかも、というのもあって、ど平日に決行したのだけれど、これが大成功で、良い天気に恵まれ、風も穏やかで、最高のキャンプに。

(本当は西湖に行きたかったのだけれど、台風の影響で営業していなかったのでした…)

はい。

ふもとっぱら2

連休の土日は、前々から予定していた妻の友人一家といっしょにキャンプ。最近、仕事が詰まっていたので、良いリフレッシュになるだろうと思いきや、この混み様(前回の写真と比べてね)と、うだるような暑さ、そして粘りつく湿気に…。

でも、やっぱりキャンプは楽しい(笑)。

はい(仕事しなきゃ…)。

菖蒲ケ浜キャンプ3

梅雨に入ってしまう前にもう一度、ということで、先週の金・土に日光は中禅寺湖の湖畔にある菖蒲ケ浜キャンプ場へ。

ここのキャンプ場は3回目で、湖や山々の景色が美しくてお気に入りなのだけれど、車が入れないので、荷物をリヤカーで運ばなければならないという苦役(笑)が漏れなく付いてくるので、中年にはちょっと厳しくなってきたかもしれない…(周りに車が見えないのも景観としてはプラスなのだけれど…)。

あと、前回の9月(2016)、前々回の7月(2015)は、ほぼ虫がいなかったのに、今回は盛大に迎えてくれて、これは季節特有のものなのだろうか(?)。

あ、それと、前回のキャンプからテントがスノーピークのアメニティードームSから、コールマンのエクスカーションティピに変えたのだけれど、これが大正解で、広くなって(ぎりぎり立つこともできて)快適度アップ。

ただ、コールマンの赤くて大きなロゴと、付属のペグ(ゴミのように弱い針金…)はちょっといただけない…(そんなマイナス点もあるけれど、もの凄いコストパフォーマンスだとも思う)。

次は梅雨開けの7月。

はい。

GNOME

漸く仕事も落ち着いてきたので、土日は(富士五湖のひとつ)西湖でキャンプ。

いつもの自由キャンプ場は、土日が混んでいるみたいだったので、今回は、お隣の西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」さんにしたのだけれど、これが大正解で、そんなに混み合うこともなく、静かにゆったりと過ごすことができたのだなー。

というわけで、心身共にリセット。

西湖自由キャンプ2

西湖自由キャンプ2

先週の木・金は、仕事がようやく一段落したので(夏休みも兼ねて)、西湖にてキャンプ。西湖自由キャンプ場、前回はデイキャンプだったけれど、今回はテント泊。

本当は、中禅寺湖に行きたかったのだけれど、気温が5℃以下と知り、急遽西湖に変更したのだけれど、西湖も結構寒かったのでした…(ほとんどダウン着ていた)。

美味しいご飯に、素晴らしい景色、焚き火、キャンプは最高だなー。

はい。

ふもとっぱら

日曜は、富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場へ。とにかく広いキャンプ場、しかも目の前に富士山どーん(写真は逆光だけれど…)。

それにしても、明け方の鳥のうるささには驚いた。何十種類(?)の鳥(など?)が一斉に鳴いていて、完全なるカオス(もしくはノイズ)。さわやかな朝を想像していただけに、これには…。

虫が少なかったのは良かったけれど。

はい(また行きたい)。

菖蒲ケ浜キャンプ

菖蒲ケ浜キャンプ場

先週はキャンプ、奥日光は中禅寺の湖畔、菖蒲ケ浜キャンプ場に再訪。前回はデイキャンプだったけれど、今回はテント泊。

相変わらずの素晴らしき中禅寺湖(ちなみに下の写真は明け方の中禅寺湖)。標高が高いせいか、虫も少ないし(蚊がいない?)、夜も静かだし(田貫湖ではウシガエルの鳴き声がうるさくてなかなか眠れなかった…)、なので、また行きたい(カヤックにも挑戦したいし)。

はい。