Journal

Archive: Art

ENCADREMENT

先日行った、比留間郁美さんと武田晋一さんによる展示会「LA SPÉLÉOLOGIE」で購入した丸い額(丸い額は前回の「ENCADREMENT」のときのものだけれど)。

中に入っているのは、畠山直哉「BLAST」のポストカード(トリミング)。

良い。

室生山上公園芸術の森

Murou Art Forest

奈良、いつか行ってみたいと思っていた、室生山上公園芸術の森。静かで、人も少なくて、作品も素晴らしい、とっても良きところ(同じくランドスケープ系のモエレ沼公園にも久しぶりに再訪したいなー、とか思ったり)。

奈良2日目は、免許取得後初のレンタカーだったのだけれど、奈良市内から最初の目的地である東吉野の友人宅に行くまでの山道の恐ろしさ(カーブの後に突然道幅が狭くなったり対向車が凄い速度ですれ違ったり…)に脇汗をかきまくり、当初は3日目に行くつもりだった芸術の森には友人に連れて行ってもらったのでした…(3日目が雨予報というのもあったし…)。

はい。

Conrad Jon Godly

Conrad Jon Godly

先日、思文閣銀座にて、コンラッド・ヨン・ゴードリー「還る INSIDE」展を見てきまして。

ゴードリーさんの絵は、何年か前にネットで見かけて好きになり、いつか生で見てみたいもんだ(絵の具の厚盛り具合など)、と思っていたのだけれど、今年の3月にふらっと行った那須の 04 STORE に、彼の絵に似た小さな作品がさり気なく置かれていて、まさかね、と思いつつ裏を見てみると、ちゃんとゴードリーさん名が記されているではないか(!)。

で、その絵をしげしげと見つめ続けていると、店員さんに話かけられ、「これはオーナーが買ってきたんですよ、ときどき日本でも個展を開いてますよ」ということを教えていただき、それからしばらくネットで張っていたら、今回の個展を知ることができた、というわけです。

生で見るゴードリーさんの絵は、想像通りの素晴らしいもので、思文閣銀座の雰囲気(内装)も素敵で、いやー良かったです。

ただ、実は半ば本気で、彼の小さな作品(12×9cm)を買おうと思って行ったのだけれど、想像以上にお高くてですね、見事撃沈…。僕にとって、アートはまだまだ遠い存在(?)のようだ…。

はい。