Open Hand Service

Open Hand Service

Archive: Audio

AET|VFE-4005S

写真は、±0の扇風機(初期型)なのだけれど、首振りで使っていると、ある角度で(床と共振しているのか)「ブーン」という低い音が鳴るようになってしまい、ちょっと気になるわけです。

そんなとき、オーディオメーカーのAETから「振動吸収アイテム:VFE-4005」という商品が出ていることを知り、オーディオ系製品してはお安いこともあって、試しに買ってみたのでした。

(VFE-4005 は3種類あって、僕が買ったのは“より振動吸収を重視した” VFE-4005S

で、貼ってみた結果。「ブーン」という音もなくなり、床にもほとんど振動が感じなくなる(!)。さすが、オーディオ・クオリティー(笑)。

はい。

(だかしかし、ダイソンのより静かになった扇風機が気になっていたり…)

スピーカーボード

うーん、かわいいなー、ロジャース(スピーカー)。ではなくて、その下の板(オーディオボード)の話なのだけれど。

LINN CLASSIK が壊れて、次のアンプを探していた頃、候補のひとつの LINN DS についてネットで色々と調べていたら、SOUND CREATE Legato のブログに辿り着き、そこで見かけたのがこのオーディオボード

Legato さんのオーディオの納品先は、オーディオマニアではないけれど良い音で音楽を楽しみたい系の人も多いので、ウチのようにテレビの横にスピーカーを置いている(スピーカースタンドを使っていない)例も多くてですね、そんな写真を興味深く見ていると、スピーカーの下に何やら板が置いてあるぞ、音に良いらしいぞ、と気になるわけです(オーディオメーカーのボードとかインシュレーターみたいに見た目的に大げさじゃないところも良いし)。

その後、SOUND CREATE Legato に DS の試聴に行くことになるのだけれど、ついでにボードのことを聞いてみると、ちょうど在庫があるのでお貸し出来ますよ、とのことで、お持ち帰りの自宅試聴。

で、これが不思議なくらいに効果があって、音のヌケが良くなり、鳴りっぷりが増し、さらにずーっと気になっていた定在波(55Hzくらい)も気にならないレベルに(!)。

見た感じ、ただの積層系の板にしか見えないけれど、スリットの形が良いのか、なんなのか、分からないけれど(笑)、とにかく効くのだなー(あくまでもウチの場合だけれど)。

というわけで、めでたく導入となったわけです。

はい。

Kontrapunkt h(改)

愛用のカートリッジ、オルトフォン|Kontrapunkt h が修理から戻ってきたのだけれど、肝心のカンチレバーは(写真の通り)右曲がりのまま…。

「カンチレバーが劣化しており、右曲がりの状態を修理するのが困難です」→「その為、根元付近で現在のカンチレバーを切断し、新しいカンチレバーで掛け継ぎ、新しい針先を付けます…」と提案され、素人なもので、カンチレバーを真っすぐにするには掛け接ぎをしなきゃいけないのね、と思ってしまい、修理をお願いしたのだけれど…。

実はそういう意味ではなくて、「カンチレバーが劣化しており、右曲がりの状態を修理することはできません」→「こちらでできることは、劣化したカンチレバーの掛け接ぎをし、新しい針先を付けることぐらいです」という意味だったのでした…。

まあ、音的には良くなったような気がしているので良しとしたいけれど、やはりカンチレバーが曲がっているためか、パチパチ音は相変わらず少し多めに聴こえていたり…。

うーん…。

godzilla さんがうらやましい!)

MC2000 MKⅡ

ターンテーブルマットを変えた後、アームの高さなどの微調整をしていたところ、愛用のカートリッジである、オルトフォン|Kontrapunkt h のカンチレバーが、謎の右曲がりになっていることに気が付き、修理に出すことに。

(というか、以前から「ちょっと曲がってるかも」くらいは思っていたのだけれど…)

で、Kontrapunkt を修理に出している間、レコードを聴けないのは悲しいので、秘蔵(死蔵?)のカートリッジ、オルトフォンの MC2000 MKⅡ の登板(約10年ぶり!)となったのだけれど。

で、その MC2000 MKⅡ を取り付けるとき、針圧を調べるためにネットを見ていたら、針圧とともに当時の価格がありまして、「えっ、こんなに高価なカートリッジだったの(!)」と驚いてみたり(何も知らずに気安く譲り受けてしまったもので…)。

で、肝心の音は、今のところ「落ち着いた、やさしい、丁寧な音」という感じ。

***

メインで使っているものを修理に出すと、しょうがなくサブを使うことになるけれど、そういう状態にでもならない限り、本気でじっくりとサブ的なものを使う機会はあまりなくて(特に僕の場合)、なので、今回のこともきっと良い経験になると思う。ダイヤトーン|DS-3000(スピーカー)だって、当時使っていた KEF|105/3s の修理がなければ、ちゃんと使うような機会はなかったと思うし。

(あくまでも Kontrapunkt がちゃんと直ること前提だけれど…/現在、恐怖の見積待ち…)

はいー。

PONO

先月発売されたベックの新譜『Morning Phase』、とっても良いアルバムだと思うのだけれど、特にハイレゾ(96kHz/24bit)で聴くと本当に気持ち良くてですね、ヴォーカルの生々しさといい、ストリングスの包容感といい、どこまでも低いベース、どこまでも気持ち良いドラムといい、実体感というか、ライブ感というか、とにかく素晴らしくて、中年はもう(前に書いた192kHzのマイルス以上に)大喜びなのだけれど。

ただ、この素晴らしいハイレゾを(ちゃんと)聴くにはちょっとしたハードルがあって、ハイレゾ対応のプレーヤーやアンプ、または USB DAC やオーディオインターフェースなどのオーディオ機器が必要になってくるわけで、一般的にはまだまだ敷居が高いのが現実だと思うし、ちょっとややこしいところもあるので、ちゃんとハイレゾ再生出来ていないのに「これがハイレゾかー、ふーん」という感じに、なんちゃってハイレゾを聴いている人も(実は)多いのかもしれない、と勝手に心配していたり…(ソニーも頑張っているみたいだけれど…)。

で、まさにそんなとき(先週ね)、ニール・ヤング先生の PONO の発表があり、「おおっ!」となっていたわけです。簡単にいうと、ポータブルハイレゾプレーヤー(PONO/上の写真)とハイレゾ・ストア(PonoMusic/今のところ日本未対応…)なんだけれど、Kickstarter の盛り上がり(現在4億円超え!)を見ても、PONO の中身(コンデンサー!)を見ても、なんだかかなり期待できそうな気がしているわけです(ハイエンドなオーディオメーカーの Ayre や AudioQuest なんかも関わってるみたいだし)。

つまり、PONO さえ手に入れれば簡単に(ちゃんとした)ハイレゾを楽しめるし、今はまだ少ないハイレゾ音源にしても(ニール・ヤング先生のお力で)そうそうたるミュージシャン達が PONO に賛同しているみたいなので、こちらも期待できるんじゃないかと。

というわけで、PONO のこれからが楽しみなわけです。

はい。

HPDM-2913HV

自分への誕生日プレゼントと称して、AETの新世代ターンテーブルマット HPDM-2913HV を買いまして(誕生日はまだ来てませんが…)。

「低歪み特性」と「内周部のトラッキング性能向上」などなどに期待して導入したのだけれど、レコードを数枚聴いた感じでは確かにそのような効果を感じるので、まずは一安心(今まで使っていた東京防音のターンテーブルマットと比べると、です)。

そして、HPDM(ハイ・ポリマー・ダンピング・マテリアル)はゴム系よりも経年劣化は少なく長く使えるそうなので、その自慢の「耐久性」にも期待。

***

今回購入したのは、上のリンクのアマゾンではなく、価格、送料、在庫状況、安心感などなどを総合的に見て、ヨドバシ.com で買ったのだけれど、これが驚くほどスムーズかつ迅速(!)、でしたよ(ポイントも10%ついたし)。

ハイレゾ

アンプが SEKRIT(正確にいうとネットワークプレイヤー+プリメインアンプ)になってから、ようやくハイレゾ音源(簡単にいうとCD=44.1kHz/16bitより音が良い音源)が聴けるようになったのだけれど、正直、上の HDtracks で売っている Miles Davis の『Kind of Blue』(192kHz/24bit!)を聴くまでは、そんなにはありがたく(?)思っていなかったのだけれど、いやー、これは(隣で聴いていたハム先生も驚くぐらいに)凄いなー!

もちろん、他のハイレゾ音源、44.1kHz(/24bit)や、88.2kHz、96kHzでも、数値が上がるごとになんとなく音が良いような気がしていたけれど(笑)、192kHzの『Kind of Blue』は明確に違い(音の密度や空間の広さなどなど)が分かるのだなー。

うーん。

SEKRIT|その3

で、肝心の SEKRIT の音質。これが良い意味で予想を裏切ってくれているのだなー。

LINN DSシリーズの音って、今まで数回聴いた感じからすると、なんとなく“聴きやすい、耳疲れしない音”(もちろんとっても良い音なんだけど)というイメージがあって、いわゆるPCオーディオの“鮮度の高い、勢いのある音”と比べて、やや“大人しい”というか。

で、SEKRIT もDSシリーズなので、そういう音なんだろうと想像していたけれど、これが、実に“くっきり、はっきりした音”で、低音もしっかり締まってるし、何よりもS/Nが高い“クリアーな音”なのだなー。いわゆるモニター調の筋肉系(笑)。

これは、LS3/5A(スピーカー)との組み合わせによるものなのか、DSシリーズって本当はこんな音だったのか、LINNのエントリークラス系はこんな音なのか、分からないけれど。

はい(了)。

追記:デジタルアンプだからかもしれない。