Open Hand Service

Open Hand Service

Archive: Book

B.C.G

9月の備忘録。DESIGN小石川にて、グラフィックデザイン事務所「高い山」の『TAKAIYAMA inc. EXHIBITION 3F/B.C.G』を見に行く。素晴らしい仕事の数々。B.C.G(僕のC.G/写真上)が想像以上に良かった(会期延長で9日まで)。

24日は、奈良にて sonihouse 主催の「家宴」vol.20 『おとと音楽とことば』。スピーカー制作・PAが主な活動な sonihouse なのに、“初の生音”(京都・長岡京室内アンサンブルのメンバー)による演奏会。(僕にとっては)ちょっと難解なプログラムだったけれど、生音やクラシックなど、色々と考えさせられる。

音楽・オーディオ的には、LINN DS が Spotify Conect に対応したことを知り、さっそく大活躍(!)。これで、Spotify 依存率がさらに高くなりそう…。

読書は、畑中章宏,著『21世紀の民俗学』の1冊のみ(9月はコーディング作業が多かったので、目が疲れてしまい、本はほとんど読めず…)。

はい。

栞日

栞日

昨日は、遠出欲が高まって、ちょっと気になっていた長野の栞日へ。素敵な暮らし系本を眺めながら、コーヒーをいただく(スコーンもおいしい)。

その後、高ボッチ高原で山々を眺め、そのその後、山梨に移り、DILL eat,life. にてランチ(ここは2度目だけれど、マジおいしいよ)。

そんな休日。

CHU-DOU-TAI

Kindle版が出るのを待っていたけれど、やっぱり本は読みたい(興味がある)ときに読まなきゃね、ということで、國分功一郎,著『中動態の世界-意志と責任の考古学』をポチッと。

久しぶりに紙の本を買ったけれど、真っ白なシンプルな装丁だと思いきや、写真のように凝った仕掛けが!(装丁に松田行正さんの名前があり納得したり)

はい。

LIFE SHIFT

最近読んだ本をメモ。リンダ・グラットン,著『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)― 100年時代の人生戦略』と、アランナ・コリン,著『あなたの体は9割が細菌 ― 微生物の生態系が崩れはじめた』。

年末に読んだ『LIFE SHIFT』には、今年で40歳というタイミング的にも良くて、かなり感化される。

実験を通じて、なにが自分にとってうまくいくのか、自分がなにを楽しく感じ、なにに価値を見いだすのか、なにが自分という人間と共鳴するのかを知る必要があるからだ。実験は、若者だけのものではない。それは、あらゆる年齢層の人にとってきわめて大きな意味をもつ。私たちを次の地点に導き、どのように移行を成し遂げればいいかを明らかにするのは、実験なのだ。実験と探求は、一人の人間の人生を貫く要素の一部を成すものである。

そして、『あなたの体は9割が細菌』もかなり興味深く、読み終えた今、微生物の生態系が全ての事象に関係しているのではないか、と思えてしまうくらい(笑)。

次は、渡辺京二,著『維新の夢』予定。

楽しみ(今年は本を読むぞ)。

Focusing Illusion

(久しぶりに)最近読んだ本をメモメモ。「…自立という言葉は、いろんな状況下で、それに対して自分の意見を言えるかどうか…」という言葉が印象的だった、甲野善紀,著『今までにない職業をつくる』。岡潔という興味深い天才の存在を教えてくれた、森田真生,著『数学する身体』。そして、今読んでいるのは、人間の驚異的な精神状態である“フロー(ゾーン)”について書かれている、スティーヴン・コトラー,著『超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験』(ここまでが甲野善紀選書・笑)。

他には、“人間化する機械”と“機械化する人間”な、海猫沢めろん,著『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』。そして、その流れで読んだ、前野隆司,著『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』。

フォーカシング・イリュージョン…、うーん、思い当たることがたくさんある…。

(ほとんどが Kindle で読み、その他は図書館で借りたので写真はなし)

新 手帳で楽しむスケッチイラスト

新 手帳で楽しむスケッチイラスト

本日発売の『新 手帳で楽しむスケッチイラスト』のデザイン(装丁、本文デザイン-第5章除く)及びDTPを担当させていただきました。

本書は、昨年発売された『手帳で楽しむスケッチイラスト』の続編で、新たに18人の手帳活用術の紹介などなど、前回を超える“使える・楽しい”本となってます。

是非!
 

Kindle Paperwhite

今年の前半は、自動車学校+繁忙期が重なって、読書する時間がほとんど取れなくてですね、そのせいか、なんだか読書する習慣自体が薄れてしまい、えー、つまり、本が読めていないわけです…。

それと、昨年の終わり頃から、積極的に図書館を利用しよう、という気持ち(節約心)があって、読みたい本など予約するのだけれど、貸し出し中ばかりが多く、何ヵ月も待つことになり、「予約資料がご用意できました」というメールが届く頃には、興味を失っていたり(予約したこと自体を忘れてしまっていたり…)で、なんだかなー、という状態であったり…。

なので、以前の状態、普通に新刊を買って読めばいいじゃないか、となるのだけれど、本がどんどん増えていくのは困るし(すでに本棚はいっぱい…)、だからといってブックオフなどに持っていっても、もの凄く安い金額でしか買い取ってくれないし(悲しいし…)、というようなディレンマに陥っていたこともあり…。

というわけで、遅ればせながら、Kindle Paperwhite を購入してみました。

これならば、物質的な本は増えていかないし、ある程度安く買えるし、e-ink スクリーンなので目も疲れないし(僕の場合、iPhone/iPad だと長時間読めない…)、バッテリーもめちゃくちゃ長持ちだし、良いんじゃないかと。

で、まだ買って数日だけれど、すでに一冊読み終わるくらいの予想以上に良い感じ。どこでも読めるし(寝ながらも読みやすい)、ページをめくる時間もないし、読みやすい文字サイズで読んでいるからなのか、本を読むスピードも確実に上がるみたい。

はい。

追記:
本日(6/18)、Kindle Paperwhite のニューモデルが6月30日から発売されるというアナウンスが…(タイミング良すぎ・笑)。