Open Hand Service

Open Hand Service

Archive: Music

Dysnomia

Dysnomia

(音楽の話が続きますが、こちらも)遅ればせながら、Dawn of midi『Dysnomia』にハマりまして、ハイレゾ音源を買いまして。

いやー、それにしても、なんてかっこ良い音楽なのだろう(!)。簡単にいうと“人力テクノ”になってしまうのだけれど、それだけでは収まらない“何か”がこのアルバムにはあるのだなー(まだまだ聴き込み中なのでうまく説明できない…)。

というわけで、久しぶりに充実した音楽生活を送っているのでした。

週末は名古屋でち。

Kangaba

Kangaba

遅ればせながら、クヤテ=ニールマン『カンガバ』にハマり、(非圧縮なデジタルデータが簡単に手に入りそうになかったので)久しぶりにCDを買いまして。

内容は、

西アフリカの伝統的な木琴“バラフォン”と、ジャズなどでも使われる鉄琴“ヴィブラフォン”との共演を、ベース+ドラムの伴奏をつけて聴かせる名作。バラフォンを演奏するのは、カッセ・マディ・ジャバテの『キリケ』にも参加していたランシネ・クヤテ。そしてヴィブラフォンは白人演奏家デイヴィッド・ニールマンが担当。西アフリカの伝統に根差したマンディングの音楽に、ジャズのインプロヴィゼイションを取り込み、新しいテイストのアフリカン・ジャズを目指した2008年作品。

こんな感じなのだけれど、僕的にはジャズというよりは、ポストロック(トータスっぽい?)な匂いを感じていたり。

そして、このアルバムを出しているフランスのレーベル、No Format! に注目し始めるのであった…。

(つづく)

The Universe Smiles Upon You – LP

khruangbin

Khruangbin(クルアンビン)の『The Universe Smiles』のLPがようやく届きまして(わーい)。

このアルバムを知ったのは、去年の12月初旬、ふらっと BEAMS RECORDS に立ち寄ったときのこと。前作のEPがお気に入りだったので、もちろん試聴させてもらい(しかも残り1枚だったホワイト・ヴァイナル仕様のLP!)、当然欲しかったのだけれど、値段が3千円台後半とお高くて…(さらに、そのちょっと前に予想外の大出費があったりしたのもあり)…結局諦めて、家に帰ってデジタル音源を買ってお茶を濁す羽目に…。

その後、黒盤(ブラック・ヴァイナル仕様)が出るも、やはり同様にお高くて…、悶々と(何度かポチりそうになりながら)過ごすこと数ヶ月…、ようやく通常盤のLPが出まして、めでたく入手することができたのでした(わーい)。

***

たった千円の差なのに、どうしてこんなに思い悩むのか、僕自身にも謎なところがありますが(笑)、なんとなく「レコードには3千円くらいまで」というルールが(今の)僕にはあってですね、それを破ると危ない道に入ってしまうぞー(笑)、という教訓なのかも…(もしくは何らかの美意識なのか…)。

はい。

waltz

waltz

というわけでwaltz に行ってきまして(10日以上前ですが…)。

平日の夜だし、駅からも遠いし、売っているものもカセットテープがメインなので、お客さんいないだろうなー、と思いつつ向かったのだけれど、僕が在店した30分ほどの間に、ポツポツと3人のお客さんが入れ替わりで来ていたので、ある程度需要があるのかも(偶然かもしれませんが…)。

お店自体は、写真の通り素的な空間で、カセットテープの品揃えも充実してるし、他にラジカセやレコード(僕が見た限りでは国内盤が多そうだったような)、懐かしのカルチャー系の雑誌や書籍などもあり。

というわけで、カセットテープについて引き続き考え続ける。

はい。

(仕事が積もってきたので、ブログはしばらく停滞するかもしれません…)

Cassette

Cassette

アナログレコードのように、カセットテープが盛り上がりをみせているらしいことは知っていたけれど、ほとんど感心がなくて、単なるノスタルジー的なものかと思っていたけれど。

中目黒のカセットテープ屋「waltz」を読んで、実際に自分で聴いてみなければ分からない、と思い直して、とりあえずウチにあった(妻所有の)カセットプレーヤー(おもちゃ)を、クローゼットの奥底から出してきて、聴いてみたり。

(クリンゴン語のレッスンテープ、結構良い音じゃないか!)

そして、waltzにも行きたいけれど、予定が合わず…(今から中目黒に行くのに月曜定休だなんて…)。

はい。

Bandcamp

nonkeen | the gamble

ニルス・フラームの新プロジェクト、Nonkeenのアルバム『The Gamble』が発売しまして、さっそく、Apple Musicで聴いていたところ、「これはもっと良い音(しかも大音量で)で聴くべき」と思い始め、レコードが出ているか検索してみるも、お高くていらっしゃったので、しょうがなく諦め…、Bandcampにてデジタル音源を買ったのでした、というお話。

でも、Bandcampの場合、「アーティストが手に入れることのできる最高品質の音源をアップロードすることを奨励」しているそうで、Nonkeenのアルバムも上の写真の通り、ハイレゾ(96kHz/24bit)をダウンロード出来るし、しかも、低価格(約1,200円〜)で買えてしまうので、かなり満足しているというお話でもあったり(笑)。

ただ、購入前にハイレゾ音源かどうかを調べる術はなく(僕だけが知らないのかもしれませんが…)、買ってみたらハイレゾだった(!)、ということが結構あって、ハイレゾくじ的な要素もあったり(笑)。

ちなみに、昨年末から愛聴している、Khruangbinの『The Universe Smiles Upon You』も、同様にBandcampで買って、ハイレゾ(44.1kHz/24bit)だったし、最近再発された、Diggs Dukeの『Offering For Anxious』もハイレゾ(44.1kHz/24bit)でしたよー。

(それにしても、今時のレコードは高いな…)

Music of the Year – 2015

 
今年、僕が「最も心惹かれた音楽」メモ。ブライス・デスナーの『Music for Wood & Strings』(2015)。

ザ・ナショナルのブライス・デスナー(現代音楽家でもある)が作曲、ソー・パーカッション(パーカッション・カルテット)が演奏、しかも、カスタムメイド楽器“コードスティック”(上の映像参照)が用いられていて、その芳醇な響きといい、多層的な構造といい、かなり興味深い作品。

そして、今年のリリースでは全然ないけれど、Apple Music で出会い、レコードを探し求め、(週末のレコードの時間の度に)聴いていたのが、サム・アミドンの『I See the Sign』(2010)。サム・アミドン自体は相変わらずだけれど(笑)、このアルバムに参加しているニコ・ミューリー(ニコ・マーリー)、そして、ベス・オートン(サム・アミドンの奥さんでもある)が、それぞれに良い仕事をしていて、音楽的にとっても豊かになっている(ような気がする)のだなー。

で、音楽生活的には、Music Unlimited が3月でサービス終了し、だがしかし、9月頃から Apple Music(などなど)が始まり、ようやく日本にもストリーミングの波がやってきて、そのことが大きかったような(来年には非圧縮系のストリーミングも始まるのだろうか…)。

その他、よく聴いていたアルバムはこんな感じ(順不同)。

***

Sufjan Stevens – ‘Carrie & Lowell’(2015)←We’re all gonna die

José González – ‘Vestiges & Claws’(2015)←アナログで聴くべし

Mocky – ‘Key Change’(2015)←ライブ行きそびれ…

Lila – ‘Lila’(2015)←MPB系ではこれ

Africa Express Presents – ‘Terry Riley’s In C Mali’(2014)←アフリカ風ライリー

Tigana Santana – ‘The Invention Of Colour’(2014)←今年出たやつじゃなくて前作ね

Diggs Duke – ‘Offering For Anxious’(2013)←再燃(今年出たEPなども◎)

Sandro Perri – ‘Tiny Mirrors’(2007)←休日に最適!(アナログ入手)

***

それでは、よいお年をー。

Argerich

20151221_argerich

昨夜、録画しておいた『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』を見てて、劇中でチラッと上のアルバム(映画ではアナログレコード)が映り、「そういえば、このアルバム(名盤!)最近聴いてないなー」ということで、今朝から聴いているのだけれど。

映画としては、僕が勝手に期待していた内容(音楽家としてのアルゲリッチ)ではなく、「母として、女性としてのアルゲリッチ」だったけれど、なかなか興味深いドキュメンタリー。

というのも、監督が上のジャケット2人の娘さんなので、彼女にしか撮れない種類の映画であるから。

はい。